近年話題の”Z世代”とは!?ファインズ社員の平均年齢と共に解説します!

はじめに

こんにちは。ファインズ広報担当の手塚です。
最近は徐々に涼しくなってきていますね。季節の変わり目を感じています。

それでは、本題に移ろうと思います。
本日の記事では、近年よく聞く“Z世代”の解説と合わせて、ファインズ社員の年齢層についてご紹介したいと思います。

Z世代とは?

Z世代とは、1990年代半ば以降に生まれた人たちのことを指します。
今年度の新卒が丁度この世代ですね。

彼らは生まれた頃からデジタル化が進んだ世界に暮らしており、
ネットリテラシーが高いことはもちろんのこと、
多様な文化に寛容であることが特徴として上げられます。

このZ世代は日本の総人口約2割を占め、
日本の未来を支えていく世代なのです。

ファインズ社員の平均年齢

では、ファインズの社員はZ世代に該当するのでしょうか?
この記事を書くにあたり、様々な切り口でファインズの平均年齢を出してみました。



まず、全体の平均年齢から発表させていただきます。
ファインズ社員192名の平均年齢は、26.6歳でした。
同規模の企業と比較しても、大分若いと思います。

年代別の社員数割合はこのような結果になりました。

▲ファインズ年代別社員数割合

20代が全体の80.2%と、大部分を占めています。
社員同士の関係性の良さや、活気がある社風は同世代の社員が多いことも理由の一つかもしれません。

次は拠点別に見てみましょう。
ファインズは東京本社以外にも、全国に6ヶ所拠点を展開しています。


▲ファインズ拠点別平均年齢(単位:歳)

仙台を除き、各拠点の方が若いことが分かります。
若くして拠点の立ち上げを担当できたり、拠点長を務めたり出来ることはファインズの良さの一つです。

最後に、職種別にも平均年齢を出してみました。
是非注目していただきたいのは役員の平均年齢、34歳
最年少役員は現在29歳と、結果を残せば重要なポジションにも昇ることが可能です。


▲職種別平均年齢(単位:歳)

※全てアルバイトを除いた、2018年9月12日時点データです

さいごに

本日はZ世代の解説と共に、平均年齢という切り口でファインズの社風を紹介させていただきました。
このように若い世代が活躍できるのは、ただ入社させるだけではなく、
誰もが活躍出来る仕組みづくりに励んでいるからです。

同年代の誰よりも先に貴重な経験を積みたい方は、是非ファインズへご応募ください!

―――

ファインズは一緒に働く仲間を探しています!
気になる方は採用情報グループに登録頂ければ採用情報をお届けします!

登録はコチラから★

ファインズ採用サイトはコチラ★