ファインズの女性社員の労働環境についてご紹介します!

はじめに

こんにちは。ファインズです。
月日の流れは早く、9月も明日が最終営業日。2018年もあと3ヵ月ですよ~!

それでは、本題に移ろうと思います。
本日の記事では、女性を取り巻く労働環境とファインズの女性社員の労働環境についてご紹介したいと思います。

女性の社会進出が進んだきっかけ

女性の社会進出は、戦後の復興と共に雇用機会が増え、教育においても女性の進学率が伸びていきました。
1985年、男女雇用機会均等法が成立し、仕事における様々な場面(採用時、昇進条件、定年年齢など)において、女性と男性を差別してはならないという法律が定められました。
男女雇用機会均等法のおかげで、現在は求人条件に男女の指定はありません。
今では当たり前のことですが、当時の日本では革新的な出来事だったようです。

近年においては安倍内閣が、「すべての女性が輝く社会づくり」と題して、日本経済の成長戦略の1つに女性がより活躍できる社会づくりを目指しています。
さらには民間においても、女性の経営層・幹部層への就任を意識した動きを見せる企業が増えてきています。

ファインズの女性社員

2008年5月に創業したファインズに、女性社員が初めて入社したのは2009年12月のことでした。
その後社員数は年々増加し、新卒採用を2013年からスタート。2015年に初めて女性新卒社員が入社します。(2018年新卒においては女性社員は30%となりました)
現在では課長以上の役職に4名の女性が就き、その内の1名は2017年度新卒の女性です。

ファインズでは、結果に応じた公平な評価をすることを掲げており、
性別や年齢といった項目を重視することはありません。
「活躍したい!」「裁量をもって働きたい!」という女性の方は、
ぜひファインズのことを頭に置いておいて頂きたいです!

★ファインズ女性社員の活躍はこちらのブログ記事を参照ください★
社員インタビュー 山國幸恵
社員インタビュー 細川花蓮

さいごに

ファインズでは、性別・年齢に関係なく、成果で公平に判断することを目指しています。
私も多くの仕事を任せられ、たくさんのチャレンジをし、成長してきたと感じています。
仕事を通じて成長したい!という女性の方、興味を持っていただけましたらお気軽にお問合せください!

―――

ファインズは一緒に働く仲間を探しています!
気になる方は採用情報グループに登録頂ければ採用情報をお届けします!

登録はコチラから★

ファインズ採用サイトはコチラ★