たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

 ファインズの書籍購入補助制度「Fine Book!」~個人の成長を応援する会社を目指して~

はじめに

こんにちは、ファインズ広報担当の手塚です。

暑い日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
水分補給をこまめにとり、くれぐれも熱中症にはお気をつけください!

それでは、本題に移ろうと思います。
本日の記事ではファインズの福利厚生のひとつ、
『書籍購入補助制度』について、導入背景から運用方法までご紹介させていただきます。

ファインズ書籍購入制度

導入背景

「お客様に満足してもらうために、社員に豊富な知識をつけてほしい」という経営陣の想いから、
専門書やビジネス書を購入する補助金を支給することになりました。

社内で共有することにより、全社員のスキルアップを期待しています。

運用システム

申請

社員が読みたい書籍を各々で申請します。
★補助金支給の条件
・毎月1人5,000円まで(冊数は上限なし)
・仕事にまつわる参考書、ビジネス書
・既にある本、似たような本は☓

本棚の番人

本棚の番人佐藤さんが条件をクリアしているかチェックしてくれます。

購入

申請の承認を貰ったら購入。
※補助金は後日支給されるので、立替えとなります。

購入~2週間を目安に本を読む!
(期間は目安で設けています)

登録

佐藤さんに本を返却すると、本棚ラインナップに登録してもらえます。

本棚ラインナップ

※ラインナップの一部

社内共有

貸出申請はGoogleフォームを使っています。

共有本棚フォーム

スプレッドシートでラインナップを共有しているので、拠点の社員も読みたい本を見つけることができます!
東京本社の社員は本棚を直接見て貸出申請をする方が多いですね。

貸出後は、申請から2週間を目安に返却してもらっています。

利用者の声

実際にこの制度を活用してくれている社員に、感想をいただきました!

セールス・マーケティング課

セールス・マーケティング課 白鳥さん

『僕の部署は資格取得を目指しているので、参考書を会社で購入してもらえるのは嬉しいです。
専門性が高い本ほど金額も高かったりするので、とても助かっていますね。
良い本は部署で回し読みもするので、本を読むきっかけにもなっていると思います。』

参考書を気軽に買えるのは嬉しいですよね!

ちなみに、私も何度か利用しています。
この本達を読みました。

ファインズ書籍購入制度

制度が導入されてからは、自分のメイン業務以外の参考書も気軽に読めるようになったので、知識の幅が広がった気がします。

さいごに

ファインズ書籍購入制度

制度導入から徐々に増えている共有書籍たち。
本棚を増設する日も近そうです。

ファインズはこれからも「お客様の満足」と「社員の成長」を追求していきます。

ファインズは一緒に働く仲間を探しています!
気になる方は採用情報グループに登録頂ければ採用情報をお届けします!
登録はコチラから★