たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

他のメールに埋もれずに読んでもらえるメルマガの手法をご紹介!

0

 平均読み取り時間:3分

こんにちは!EveryFineです!

ご連絡やお知らせ以外にも集客のためにメルマガをご利用されている方も多いのではないでしょうか?

次回のご来店に繋がるようにメルマガを利用することもあるかと思います。

必ずしも配信されたメルマガを読んでいただけるとは限りません。

ただ単純に「来てほしい」と思って配信していてもインパクトがなかったり、

顧客にとって開封メリットがなければせっかく送ったメルマガも

読まれずに受信トレイに埋もれてしまいます。

ここでは他のメールに埋もれずに見ていただけるメルマガについてご紹介いたします。

1.興味の引く件名で開封率がアップ!

タイトルはメルマガを開封していただくために一番大事です。

インパクトのない件名は目に止まらないので開封されないケースが多いです。

2.思わず開封したくなる件名のポイント

①有益性(メリット)

②鮮度の高い内容

③ユーザーと関係している

①有益性(メリット)がある件名

(例)「※●日まで※メルマガ限定クーポン配布中!」

顧客に向けてお得な情報や具体的な期日等をいれることで

緊急性のある内容と認識いただけるのでメリットが感じられるので開封率もあがるかと思います。

②鮮度の高い件名

(例)「【お知らせ】ご予約空き情報★」

お知らせを【】で冒頭に持ってきて、一番最後に「★」の記号をつけて目立たせました。

予約システムのメルマガの形式はテキストのみとなっており絵文字の使用は出来ませんが、

「★」や「◆」などの記号を使用すると件名にメリハリがつきます!

③ユーザーと関係のある件名

【サロンの場合】

(例)「【お知らせ】●●様限定クーポン★」

元の件名を見るとただ「限定」としか書いていませんが、

ユーザー名を特定して送付すると関連しているため、

自然と目に止まりやすくなります。

(例)「※20~30代の女性必見!今月のお得情報★」

こちらも年齢を限定して入れることで注目していただきやすくなり、

特定したユーザーが見て来店していただけるかと思います。

【セミナーの場合】

(例)「【●月●日】●●様宛 次回セミナーのご案内!」

申込者に向けて次回のセミナーのご案内を配信して次回の参加も促すことも可能です。

ユーザー様の名前を入れることで目に止まりやすくなります。


4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

顧客にとって興味・関心を惹きつけるキーワードを入れたり

少しの工夫してみると開封率もグンとアップするかと思います。

是非今後の参考にご活用ください!

お問い合わせはこちら

03-5459-4073          fines-help@e-tenki.co.jp

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連資料・記事

【クリックされる?】
タイトルの具体例と考え方5選!

【初心者向け!】
ホームページの更新の仕方をご紹介!

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

0
SNSでフォローする