たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

ホームページで、よりクリックされるバナーのポイント① ~位置・サイズ編~

 平均読み取り時間:6分

こんにちは!EveryFineです!

今回はホームページ内に設置しているバナーをもっとクリックしてもらうためのポイントについてご紹介いたします!

バナーは位置、色、サイズなど、重要な要素が多くあります。

ポイントを抑えて効果的なホームページにしていきましょう!


1.ホームページ内のバナー設置位置

ホームページを見ているとき、この先どうやって進めばいいかわからない、申し込みをどこからすればいいのかわからない、ということを

経験したことはありませんか?


本当に興味があるものであれば、ホームページ内を探すかと思いますが、多くの場合はそのままそのホームページを離れてしまうでしょう。


わかりやすい場所に設置することで、その機会損失を防ぐことができます。

下記4箇所への設置は最低限必要となりますので、まだ設置されていない方はぜひ設置してみてください。

ホームページでのバナー設置例

①ファーストビュー

ホームページを開いたとき、最初に目に入る範囲です。

最初から興味を持っているユーザーや、別の場所から移動してきたユーザーをスムーズに誘導できます。

②情報の近く

これいいな、と思ったらすぐに次に進めるような導線を用意しておくことが重要です。

ユーザーがスムーズに進んでいけるようにしておくことで離脱率を下げることができます。

③ページ最下部

一番下まで見てくれた、ということはある程度興味があるユーザーと言えます。

しかしそこから次にどこに進めばいいかわからなくなってしまうと、せっかくのユーザーが離脱してしまいます。

最上部と最下部、わかりやすい2箇所には設置しましょう。

④サイドバーなど

サイドバーやグローバルナビゲーションなどに設置しておくことも重要です。

“迷ったらここを見るだろうな”という場所に1つは設置しておきましょう。


2.ホームページ内のバナーサイズ

バナーは目立ちつつ、サイズのデザインを崩さない。ということが重要になってきます。

そのためには色はもちろん、サイズも重要です!

①比較的大きめにする

やはり大きいものは目を引くため、大きくすればするほど問い合わせにつながる可能性も高くなります。

また、文言を記載するスペースも広くなるため重要なコピーを入れることができます。

②すでにあるバナーとサイズを揃える

サイドバーなど、すでにバナーが設置されている場所に追加する場合は

サイズが異なると統一感がなくなってしまうので、他のバナーと同じサイズにしましょう。

③大きすぎるサイズにはしない

サイズが大きいとその分読み込みに時間がかかります。

また、他の情報の邪魔をしてしまう恐れがあり
ユーザーにとってマイナスになってしまいます。

大きくても画面の半分以下にすることがおすすめです。

ホームページのバナーサイズ例


まとめ

これといった正解がないのが難しいところですが、効果的だと言われている内容を取り入れていただけると良いと思います。

何か1つ変えるだけで結果が大きく変わることもあるので、自分にあったバナー、ホームページを1つずつ見つけていきましょう!


今回の内容は以上となりますが、続きとして次回は「バナーの色」についてお伝えしたいと思いますので

ご興味がございましたら、ご一読いただけますと幸いです。


今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせはこちら

03-5459-4073          fines-help@e-tenki.co.jp

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連資料・記事

【クリックされる?】
タイトルの具体例と考え方5選!

【SNS連携の仕方!~Instagram編~】
1度の投稿で複数のSNSで投稿を可能にしよう!

SNSでフォローする