たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

SNSの動画広告って1番見られていたのは動画じゃなくてここだった!~Twitter編~

平均読み取り時間:3分

こんにちは!EveryFineです!

5G時代に突入した今、動画広告をお考えの方も多いのではないでしょうか?

そこで、動画広告のSNS別データをまとめてみました!ご参考頂けましたら幸いです。


広告はSNSで許容されやすい?

2019年インターネット広告に関するユーザー意識調査によると、

SNS全体で、広告は受容されている割合が90.6%とほとんどの方が広告を受容していることが分かりました。


Twitterでの広告効果

では、Twitterでの広告はどれくらい効果があるとされているのでしょうか?

平均mDAU(収益につながる
日間アクティブユーザー数)

1億6,400万人

1日における動画視聴回数

5億回
(世界では25億回)

広告売上に占める動画広告の割合

50%超

Twitterはテキストのプラットフォームと思われがちですが、

動画を視聴される回数も大変多く、動画広告の出稿数も半分を超えるなど

動画を活用しやすいプラットフォームであるようです。


Twitterの動画広告は動画よりもここが見られていた!

では、Twitterの動画広告のうち、どの部分を見ていることが多いのでしょうか?

動画

80%

テキスト

69%

プロフィール名

35%

動画を見ている割合は他SNS(Facebook、Instagram、YouTube)と比較して1番低いにもかかわらず、

テキストを見ている割合は他SNSと比較して1番高い割合となり、

Instagram・YouTubeの倍以上の結果となりました。


Twitterはプロフィール名・テキスト・動画の順に並んでいるため最初に面積の大きいテキストが見られやすく、

タイムラインの通常のコンテンツとして見られるのも大きいと思われます。

また、見ている動画に対しての興味度合いを示すモチベーションレベルが

他のSNSでは秒数が経つに連れ、モチベーションの高さにマイナスの差が出てくるのに対し、

Twitterだけはモチベーションレベルが右肩上がりに変化していました。


Twitterの動画広告の強みと対策

Twitterは現在、世の中で起きていることの最新情報を知る、という比較的広い目的で利用する傾向があるため、

入ってくる情報に対して新しい情報としての認識が高く、コンテンツに対しての壁が他のSNSに比べて低いとみられています。

また、テキストと動画が両方見やすいものだと受け入れられやすく、簡潔に内容が伝わる動画が好まれる傾向にあるようです。


双方向的なプラットフォームだからこそ好まれる「触れる」動画

そんなTwitterにオススメなのが、「触れる」動画BRANCHです。

テキストや動画に対して反応をするというプラットフォームから「触れる」動画にリンクさせることで、

コンテンツの壁が低いまま動画を視聴いただくことができます。


「触れる」動画 BRANCH を制作するには?

株式会社ファインズは、約4年で4100本の動画制作実績がございます。

制作実績を活かして、実写・撮影動画だけではなくアニメーション動画、

「触れる」動画 BRANCH の制作も行っております。

お問い合わせはこちら

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連資料・記事

【動画マーケティングの最先端】
動画をタッチしてコンバージョンを
得る! インタラクティブ動画とは?

動画の細かい効果測定ができる、
「触れる」動画が登場!

提供企業

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

SNSでフォローする