たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

自社ホームページの現状を無料で知ることができる方法とは?

0

 平均読み取り時間:4分

こんにちは!EveryFineです!

今回は、

・ホームページを運用しているがアクセス数が伸びない

・ホームページからのお問い合わせ数が不満

・どんな検索キーワードでユーザーが検索しているのかが分からない

このような悩みをお持ちの方にぜひお読みいただきたい内容となっております。

ホームページの現状をどうやって知ったらいいの?

ホームページを訪れてくれている方、

ターゲットとなるユーザーがどんなキーワードで検索しているか

ホームページを見てくれているのかを知ることによって

「どんなブログを書いたらいいのか」や「SEO対策」に活用していくことができます。

ホームページの改善をしていくのに活用いただきたいのが、

Google Search Console(Googleサーチコンソール)です。


1.Google Search Console(Googleサーチコンソール)とは

Google Search Console(Googleサーチコンソール)とはホームページの検索キーワードや表示回数などを集計して

分析できるGoogleの無料アクセス解析ツールになります。

これらのデータを分析できるとユーザーの悩みや課題を、より明確に把握することができ、

「どんなブログを書いたらいいのか」や「SEO対策」に活用していくことができます。

2.確認しておきたい4つの項目

ここではGoogle Search Console(Googleサーチコンソール)の最低限確認しておきたい指標の見方や

意味についてご解説して行きたいと思います。

①合計クリック数

②合計表示回数

③平均クリック率

④平均掲載順位

はじめに

Google Search Console(Googleサーチコンソール)にログインできたら

画面左の赤色の矢印(検索パフォーマンス)の部分を検索してください。

すると上記の様な画面が表示されますので、そちらから下記項目をご覧いただければと思います。

①合計クリック数

自社サイトはユーザーの興味引けているのか

Googleの検索結果に自社ホームページが表示され、

そこで何回クリックをされたかの数値になります。

基本的には、検索キーワードとホームページのタイトルがマッチしていると

クリックしてもらえやすくなります。

②合計表示回数

どのくらいのユーザーが自社サイトをGoogleで検索したか

Googleの検索に自社ホームページが何回表示されたかの数値となります。

表示回数が多いほど市場も大きいと考えられる為、

現在のキーワードでどれくらいの流入を見込めるかを把握することができます。

③平均クリック率

自社ホームページがどのくらいユーザーの興味を引けたかの割合

自社ホームページがGoogle検索によりどのくらいクリックされたかの割合を示しています。

業界やPR手法(広告など)により数値は多少異なりますが

一般的には下記のような割合となっておりますので、自社ホームページと業界を比較いただき、

Google検索のクリック率よりも高くなるよう工夫していきましょう。

https://www.internetmarketingninjas.com/additional-resources/google-ctr-white-paper.htm

クリック率の改善にはタイトルの変更などもおすすめですので、下記記事をぜひご参考ください。

集客できるブログ記事のタイトルとは?決め方のコツをご紹介!

https://everyfine.e-tenki.co.jp/tips/11139/

④平均掲載順位

自社ホームページの検索順位の状況(SEOの状況)か

Google検索結果にて自社ホームページが平均でどのくらいの検索順位に位置しているのかを

把握することのできる指標になります。

こちらで現状のSEO状況をひと目で把握でき、

当然低いほうがより多くの人に自社ホームページを読んでもらえる可能性は上がります。


2.Googleアナリティクスと紐付けるメリット

実はGoogleアナリティクスとGoogle Search Console(Googleサーチコンソール)は紐付けることができます。

Googleアナリティクスと紐付けるメリット

・Googleアナリティクスの管理画面からもGoogle Search Console(Googleサーチコンソール)のデータを閲覧できる

・埋め込みタグを発行する手間をはぶける(Google Search Console(Googleサーチコンソール)のもの)

・業務の効率化になるため初心者の方へでも用意にデータを閲覧できる


また、作業になれていない方やパソコン操作に詳しくない方には

特におすすめな手法になっております。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介させていただいた数値以外にもより詳しい数値を見ることができるため

興味を持って頂いた方は是非一度Google Search Console(Googleサーチコンソール)の導入をご検討していただき

実際に色々な操作を行っていただければと思います。

ご不明点ございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。

Google Search Console(Googleサーチコンソール)についてのご質問はこちら

03-5459-4073          fines-help@e-tenki.co.jp

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連資料・記事

【クリックされる?】
タイトルの具体例と考え方5選!

【初心者向け!】
ホームページの更新の仕方をご紹介!

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

0
SNSでフォローする