たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

リマーケティング広告とは?基礎や仕組みを分かりやすく解説!

0

 平均読み取り時間:4分

こんにちは!EveryFineです!

突然ですが広告主の皆様は、Google広告のリマーケティング広告を使ったことがありますか?

「名前はなんとなく聞いたことあるけど、よく分からない・・・」なんて方も多いかもしれません。

自社ホームページに来てくれたユーザーは、自社の商品・サービスに興味を持ってくれた可能性が高いですが、
成約率が1%のホームページの場合、残り99%のユーザーは商品・サービスへの興味はあるのに
成約しなかったということになります。

このユーザーへアプローチができたら効率が良さそうですよね。

そんな時に有効なのが、リマーケティング広告

一度自社ホームページを訪れたユーザーにアプローチし、効率的に成果へと繋げることができます。

この記事では、リマーケティング広告の仕組みや、メリットをご紹介します。


1.リマーケティング広告とは?

過去に自社ホームページに訪問したユーザーに対して、
広告を表示させる広告のことをGoogleでは
リマーケティング広告と呼んでいます。(Yahooではリターゲティング広告)

過去に一度サービスへの興味を示したユーザーに配信する手法なので比較的、
獲得の効率が良い広告と考えられています。


2.リマーケティング広告のメリット

(1)一度自社ホームページへ来たユーザーへの再アプローチ

リマーケティング広告は、一度は自社の商品やサービスに関心をもった人に対して
再アプローチすることができます。

リマーケティング広告を行うには過去の訪問者リストの蓄積のため
自社ホームページ上へのツールの設置が必要になります。

広告担当者や代理店担当者に自社ホームページが
施策を開始できる準備が整っている状態なのか確認をしてみましょう!

(2)コンバージョン率(成約率)が高い

リマーケティング広告は、その商品・サービスに関心を抱いたユーザーへの再アプローチになるので、
まったく無関心なユーザーがターゲットの広告よりもコンバージョン率(成約率)が高くなりやすいと言われています。

また新規ユーザーの場合は、会員登録や購入までの選択作業が必要な場合があります。

しかし、リピーターであれば自社ホームページの動線を把握済みだったり、
その作業をスキップできるため、コンバージョン(成約)までの手間が少なくなるという特徴もあります。

(3)CPA(成約1件あたりの広告費)を下げやすい

CPAとは、「Cost Per Action」の略で、「成約1件あたりにかかった広告費」のことです。

リマーケティング広告でコンバージョン率(成約率)が高くなると、相対的にCPAを抑えやすくなります。

CPAが抑えられれば、その分の予算を新しい施策や別の広告に充てることもできますね。

(4)検討期間が長い商材(高額商品など)と相性がいい

通常、注文住宅の購入やリフォームの依頼など、
高額な商品ほど検討に要する時間は長くなる傾向があります。

つまり、高額な商品の購入を検討している人ほど、
自社ホームページに一度訪れても検討のために離脱してしまうケースが多くなります。

よってリマーケティング広告は、こういった高額な商品を検討している人へのアプローチとして
最適と考えられています。


3.まとめ

この記事では自社や商品への関心が高いユーザーに
アプローチができるリマーケティング広告をご紹介しました。

基本的な仕組みが理解できたらまずは、
自社ホームページの訪問ユーザーにシンプルに広告を配信する、
標準のリマーケティング機能を試してみましょう。

リマーケティング広告を試してみたい!という場合はぜひ当社までご連絡ください。

ファインズでは広告運用や、解析など、WEBに関わるベストソリューションをご提供しています。

お悩み・ご相談も受け付けておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。

■お問い合わせ先■
メール:salesmarketing@e-tenki.co.jp
電話:03-5459-4073
「EveryFineをみた」とお伝え下さい♪

その他のお問い合わせはこちら

03-5459-4073          fines-help@e-tenki.co.jp

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連資料・記事

【クリックされる?】
タイトルの具体例と考え方5選!

【初心者向け!】
ホームページの更新の仕方をご紹介!

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

0
SNSでフォローする