たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

0から始める「アクセシビリティ」#基礎知識編

0

 平均読み取り時間:5分

こんにちは!EveryFineです!

最近WEBの開発や運用において「アクセシビリティ」という言葉をよく耳にするようになりました。

この記事ではそんなアクセシビリティを分かった気になれるような解説をさせていただきます。


1.アクセシビリティ≒使いやすさ

アクセシビリティは日本語でいう「使いやすさ」に近い言葉です。

使いやすさというと主観的な表現になってしまいますが、アクセシビリティというと単に自分が使いやすいという点ではなく、

すべての人に使い勝手がいいという点を目標にしています。

そのため適切に表現すると「すべての人に等しく使いやすさを提供する」という風になるかと思われます。

また、アクセシビリティを表現する際によく間違われるのですが、アクセシビリティはバリアフリーとはまた視点が違い、

高齢者や障害のある方向けという区分ではなくより広く誰が使っても使いやすいという点を目指しており、

利用者全体の利便性を上げていこうという意味が強いです。


2.さまざまな使い方を想定することが大切

アクセシビリティ向上のための対策としてよく挙げられるのが、適切な配色(色覚異常の方向け)やスクリーンリーダーへの対応です。

しかし、アクセシビリティ向上というとこれらの対策だけでは不十分だと言われることが多いです。

前項でも紹介したようにアクセシビリティはバリアフリー的な要素を内包していますが、決してそれだけで終わりというわけではなく、

特に障害などが無くてもキーボードだけで操作を完結したい人やインターネット回線が遅くてもきちんと表示がされるなど、より広い視点で改善や設計を行う必要があります。


3.アクセシビリティの基準

アクセシビリティに関しては公共団体等のサイトでは特に重視されており、総務省から「みんなの公共サイト運用ガイドライン」としてガイドラインが公開されています。

また、チェックツールとしてmiChecker (エムアイチェッカー)というツールも公開されているので活用してみてください。


JIS規格としては、JIS X 8341-3というものが定められております。

こちらの規格では対応レベルをA・AA・AAAの三段階に分けており

行政機関など公共性の高いサイトについては2段階目のAAまでのレベルでの対応を求めています。

一覧表も公開されているのでサクッと確認したい方はこちらから確認ができます。

ウェブアクセシビリティ基盤委員会 JIS X 8341-3:2016 達成基準 早見表(レベルA & AA)

ただ、これらの基準に関しては主に行政や公共施設等の公益性の高いサイトに対しての基準となるため、一般的なホームページに関しては製作者の基準でアクセシビリティ対策を行っている場合が多いです。

傾向としては公共性が求められる行政機関等とは異なり、一般的な企業や個人のホームページではユーザー全体を対象としたアクセシビリティの向上が重視される傾向にあります。


4.アクセシビリティが低いとどうなる?

(1)使いづらいホームページという印象を与える

アクセシビリティというとまずあげられることの多い色覚異常に対しての対応ですが、日本人の場合男性は20人に1人、女性の場合は500人に1人の割合で
色覚異常を有しているという情報があります(※公益社団法人 日本眼科医会 より)

これらは決して少ない数字ではなくどのホームページでも殆どの場合使用者に色覚異常がある場合を想定することが必要であると考えられます。

 

また、読み書きが困難に感じるディスレクシアという症状の方は

欧米圏では10~20%程度存在するという記事(障害保健福祉研究情報システム ディスクレシア)もあり

日本では具体的な調査は行われていないが4.5%~8%程度存在すると考えられています。

(2)SEO評価の低下の可能性

さらにGoogleもアクセシビリティを重視しており、評価基準は公開されておりませんが

Google製のサイト評価ツール「Lighthouse」でも項目としてアクセシビリティが設定されているなど

評価基準にアクセシビリティを重視している可能性が非常に高いと言えます。


5.まとめ

ご紹介したようにアクセシビリティ対策は単に公共性などだけではなく

ホームページの機会損失を減らすためにも重要な評価基準であると言えます。

次回の記事では具体的な確認方法や対策などの例を交えながら解説を行わせていただきますので

もしよろしければそちらの記事もご一読ください。

※1月下旬公開予定です。

お問い合わせはこちら

03-5459-4073          fines-help@e-tenki.co.jp

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連資料・記事

【クリックされる?】
タイトルの具体例と考え方5選!

【初心者向け!】
ホームページの更新の仕方をご紹介!

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

0
SNSでフォローする