たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

Google Analytics解説「第2回 サイトを訪問したユーザー情報の確認」

f:id:Fines-tips-blog:20180522110458p:plain

こんにちは!Fines-tips-blogです。

今回はGoogle Analytics解説

「第2回 サイトを訪問したユーザー情報の確認」について

投稿していきます!

 

 ユーザーの訪問情報を確認できるユーザーサマリー。

ユーザーサマリーでは、何人がWebサイトに訪れたかや

どんなユーザーがWebサイトを訪れたかなどを

7つの指標から確認することができます。

 

まず、その7つの指標についてご説明いたします。

f:id:Fines-tips-blog:20180522110658p:plain

 

ユーザーサマリー確認方法

ユーザーサマリーを見るには、ホーム画面を開き、

左側にある「1ユーザー→2 概要」をクリックします。

f:id:Fines-tips-blog:20180522111001p:plain

 

ユーザーサマリーの画面

「概要」を選択すると下図のようなページが表示されます。

先程ご説明した7つの指標が表示されていますね。

ここからそれぞれ確認することができます。

f:id:Fines-tips-blog:20180522111109p:plain

 

ユーザーサマリーは

知りたい期間(先週・先月など)を選択肢することや、

比較したい指標の折れ線グラフを表示することもできます。

f:id:Fines-tips-blog:20180522111601p:plain

 

また、ユーザーのデバイス情報の確認も可能です。

ユーザーのデバイス情報を確認するには。

左側にある「1ユーザー→2モバイル→3概要」をクリックします。

f:id:Fines-tips-blog:20180522111727p:plain

このページでは「サイトにアクセスしたユーザーがどんなデバイスを使っているか」を

7つの指標とともに確認することができます。

「desktop」がパソコン、「mobile」がスマートフォン

tablet」はタブレット端末でのアクセスです。

 

このように、ユーザーサマリーでは

様々なことを確認することが出来るのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Google Analytics解説シリーズ

「第2回 サイトを訪問したユーザー情報の確認」は

いかがでしたでしょうか?

今回は専門用語が7つでてきてあまりパッとしない方もいるかもしれません。

そのような方はまずは自分で操作をしてみる、

操作をしながら身につけることもいいかもしれません。

 

参考

support.google.com

以上、お読みいただきありがとうございました^^