たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

AdWordsの「アウトストリーム動画広告」

こんにちは!Fines-tips-blogです。

Googleは「アウトストリーム動画広告」の提供を開始したそうです。

これにより、Adwordsを使って、ディスプレイ広告的な

サイト掲載の動画広告が配信できるようになりました。

今回はアウトストリーム動画広告について取り上げていきます!

 

アウトストリーム動画広告とは

Google動画パートナー」と呼ばれるモバイルサイト、

アプリ面に広告が配信されるモバイル専用の広告で、

アプリ内またはページのコンテンツ内で自動的に動画が再生される広告です。 

モバイル画面で表示されると、音声はオフの状態で再生されます。

その後、ユーザーが広告をタップするとサウンドをオンにし

最初からビデオを再起動するか、スクロールを続けることができます。

 

特徴

■ブランド認知度の向上

ユーザーの目に留まる機会が増え、ブランドを検討するユーザーが増えます。

■モバイル専用

簡単にタップできたり、スクロールをして広告をとばしたりできます。

■お得

アウトストリーム広告は動画再生が2秒以上視聴された場合のみ

料金が発生します。

 

アウトストリーム広告の事例

香港政府観光局では、香港を観光地として認知を高めるために、

アジア各国の幅広い潜在的な旅行者にアプローチを致しました。

結果として、動画完全視聴単価を40%削減し、CPMを85%削減し、

リーチを30%増加させたとのことです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表示領域に紐づくimp型なので、

FacebookTwitterのような認知を高めるための広告形式ですね!

 

参考

support.google.com

 

support.google.com

 

以上、お読みいただきありがとうございました^^