たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

Googleショッピング広告の現状

こんにちは!EveryFineです!

前回、Googleショッピング広告について取り上げました。

今回はEC店舗がGoogleに広告出稿している割合や予算配分など、

Googleショッピング広告のデータを取り上げていきます!


EC店舗のGoogleへの広告出稿は76.4%がショッピング広告

ではEC店舗は、Googleに広告出稿する際に、Googleショッピング広告と

通常のアドワーズに、それぞれどの程度の割合で広告を出稿しているのでしょうか。

この図によれば、広告出稿額ベースでは76.4%がGoogleショッピング広告、

クリック数で見ると85.3%がGoogleショッピング広告と出ています。


スマートフォンは予算配分がさらに大きい

下の図はスマートフォンだけに限った場合の数字になります。

アメリカ・イギリスのデータにはなりますが、広告出稿額もクリック数も

Googleショッピング広告の割合が大きくなっていることがわかります。


現在の北米でのeコマースのマーケットを見ると、 eコマース全体の成長のうち、

70%がAmazonによるものであると言われております。


まとめ

Googleショッピング広告の割合が大きくなっていることからも、

今後のECサイトへの入り口はGoogleショッピング広告の割合も増えてくるのではないでしょうか。


参考: www.mag2.com


記事やファインズについてのお問い合わせはこちら

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連資料

ユーザーニーズを勝ち取る!
考え方と方法を伝授!

Web対策でよく聞く
「リスティング広告」の用語や
意味から詳しくご紹介!

提供企業

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/