たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

Googleショッピング広告の現状

こんにちは!Fines-tips-blogです。 

前回、Googleショッピング広告について取り上げました。

(その記事はこちら

今回はEC店舗がGoogleに広告出稿している割合や予算配分など、

Googleショッピング広告のデータを取り上げていきます!

 

EC店舗のGoogleへの広告出稿は76.4%がPLA

ではEC店舗は、Googleに広告出稿する際に、Google ショッピング広告と

通常のアドワーズに、それぞれどの程度の割合で広告を出稿しているのでしょうか

f:id:Fines-tips-blog:20180510132810p:plain

この図によれば、広告出稿額ベースでは76.4%が Google ショッピング広告

クリック数で見ると85.3%Google ショッピング広告と出ています。

 

 

スマートフォンは予算配分がさらに大きい

下の図はスマートフォンだけに限った場合の数字になります。

f:id:Fines-tips-blog:20180510133219p:plain

アメリカ・イギリスのデータにはなりますが、広告出稿額もクリック数も

Googleショッピング広告の割合が大きくなっていることがわかります。

 

現在の北米でのeコマースのマーケットを見ると、

eコマース全体の成長のうち、70%がAmazonによるものであると言われております。

 

Googleショッピング広告の割合が大きくなっていることからも、

今後のECサイトへの入り口は

Googleショッピング広告の割合も増えてくるのではないでしょうか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

参考

www.mag2.com

 

以上、お読みいただきありがとうございました^^