たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

GDNのターゲティング手法「DSK」

こんにちは!Fines-tips-blogです。

多くの広告主さんが利用しているGDNでは

マーケティング、キーワードターゲット、インタレストカテゴリなどの手法が

一般的となっています。

しかしDSKというターゲティング手法も効果を発揮する手法のひとつのようです。

 

今回はGDNのターゲティング手法「DSK(Display Select Keywords)」について

取り上げていきます!

 

DSK(Display Select Keywords)とは

Adwordsに登録したキーワードを元に配信先となるプレースメントを選定し、
その中でもCVに至る可能性が高いユーザーが集まるプレースメントに対して

広告配信を行うターゲティングのことです。

 

Google のシステムでディスプレイ ネットワークのすべての

ウェブページのコンテンツが分析され、そのメイン テーマが割り出されます。

そして、広告主様の指定したキーワードやトピックに加え、

ターゲットとする言語や地域、ページを表示しているユーザーの

最近の閲覧履歴といったさまざまな要素とウェブページのテーマが比較され、

広告を掲載するページが決まります。(引用:Google AdWordsヘルプ

 

このDSKは

「リマーケティングでは成果が出るけど、他の方法ではなかなか成果が出しづらい」

という状況の中で効果を発揮するようです。

 

※現状ではベータ版機能となっており

一部のユーザーのみ利用できるようになっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

リスティング広告ではアプローチが難しい層に対して
ターゲティングを実施することができそうですね!

 

参考

www.jgrip.co.jp

以上、お読みいただきありがとうございました^^