たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

TrueView動画広告にTrueView for reachが登場

2018年4月2日(日本時間で4月3日)Google

TrueView動画広告の新たなフォーマットとして

TrueView for reachを発表しました。

(TrueView広告についてはこちらをご参照ください。 )

今回はTrueView for reachについて取り上げていきます!

 

 TrueView for reachは、他の動画の再生前、再生中、

または再生後に動画広告が再生されるインストリームの形式を取り、

ユーザーは視聴完了前に広告をスキップできます。

 

従来のTrueViewインストリーム広告と大きく異なる店は

札戦略は広告視聴単価(CPV)ではなくインプレッション単価(CPM)

ということです。

 

TrueView for reachを使用すると、

ユーザーの選択に基づいて作成された人気のあるインストリーム形式と、

CPM購入のシンプルさがもたらされます。

 

f:id:Fines-tips-blog:20180412114513p:plain

ベータテストの結果も非常に良好で、

対象となった84キャンペーンの9割において

平均より20%近く高い広告想起のリフトがみられたとのことです。

 

ユーザーへのリーチをKPIとした動画キャンペーンにおいて、

6秒以上の尺でCPMでの入札を可能にするTrueView for reachは

広告主にとって非常に魅力的な広告でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のTrueView for reachを含め、

YouTube動画広告においてのカスタムインテントオーディエンス適用など、

ハイペースでアップデートを続ける動画キャンペーンを

積極的に活用していきたいですね!

 

参考

Inside AdWords: Sight, sound and scale: Introducing TrueView for reach

 

以上、お読みいただきありがとうございました^^