たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

【YouTube動画広告】カスタムインテントオーディエンス

こんにちは!Fines-tips-blogです。

検索履歴に基づいたターゲティングは

いろいろなものがございますが、

YouTubeで可能になるとのことです!

動画を視聴する際、YouTubeを利用されている方も多いのではないでしょうか?

今回は実装予定とされている

「カスタムインテントオーディエンス」について

取り上げていきます!

 

 

Googleは、2018年3月13日(日本時間で3月14日)、

YouTube動画広告において

カスタムインテントオーディエンス

近日中に利用可能になることを発表しました。

 

カスタムインテントオーディエンスは

広告主の商品やサービスに関連するキーワードやURLを入力することで、

独自の購買意向の強いユーザーリストを作成することができます。

 

本アップデートとあわせ、GoogleはTrueView動画広告の新たなフォーマットとしてTrueView for Actionを追加することも発表しています。

 

f:id:Fines-tips-blog:20180403155532p:plain

 

こちらはダイレクトレスポンスに特化したもので、

2018年3月末にはグローバルで全アカウントに適用予定とのことです。Call-to-ActionCTAカスタマイズでき、

入札戦略目標コンバージョン単価自動的に設定されるという

大きく2つの特徴があります。

 

 Googleが保持する膨大な検索データから、

確度の高いユーザーにYouTube上でアプローチすることができるのは

とても魅力的ですね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

YouTubeに配信される動画広告については

こちらもご覧ください。

fines-tips-blog.hatenablog.com

 

参考

Inside AdWords: New ways to harness the combined power of Google and YouTube in AdWords

 

 ご参考になれば幸いです。

以上、お読みいただきありがとうございました^^