たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

【企業様・店舗様向け】お客様にもっとオンライン予約を使って頂く4つの方法をご紹介します!

こんにちは!Every Fineです。

本日は予約システムを導入済み・検討中の方に向けて、

予約システムをもっとお客様に使って頂くためにはどうするべきか、

ご参考となる記事を投稿させて頂きます。

はじめに

スマートフォンの普及によって人々にとって尚一層インターネットが身近な存在になったため、社会における様々な物事がインターネットに特化もしくは対応した方法に変化してきています。

中でも予約という「手続き」に関してはインターネットとの相性が良いようで、早い段階から予約システムが開発され様々な用途で導入可能なタイプが現在あります。

予約システムを導入する事によって、従来の方式(電話やメール)よりも、店舗様・お客様の双方にて効率的かつ利便性が高い利用が実現できますが、店舗様のお悩み事として表面化する事例が多いのは、従来の予約方法からの移行方法がわからないという事や、実際に導入したものの結局電話予約やLINEで予約する方法を利用し、新たに導入したシステムが活用しきれていないという事です。

サービス業をはじめとする様々な業界において予約という業務は、必要不可欠な事柄であるもののある程度の負担になってしまうものなので、可能な限り従業員様の負担を軽減させるべく予約システムに関するセミナーやレッスンに積極的に参加した上で予約システムの導入に至る方は少なくないですが、効率化が実現できると期待していたにも関わらず活用できない状態に陥るとさらなる負担を抱えてしまうものです。

そのようなさらなる負担は予約システムを導入する前段階から、お客様を含む周囲の方々に対して周知させる方法を理解しておいたり、効果的な対策法を理解しておくと回避する事ができます。そして、全容を把握しておけば応用の仕方やアイディアも考えられるようになるので、予約システムを最大限に活用できるようになります。

インターネット上で紹介する方法とは

お客様に対してインターネットを利用して、「オンライン予約の提供を開始した事」をお知らせする方法には大きく分けて2つあります。

まず方法として挙げられるのが、今日において種類豊富に提供されているSNSの利用メールマガジンの配信LINEなどのメッセージアプリでの紹介ホームページ、ブログでの紹介です。

このように周知するために講じられる様々な方法がある中で、現在最も訴求力が高いと言われているのが、SNSを利用して「オンライン予約の提供を開始した」旨の案内を投稿する事です。

SNSはお客様にとって最も利用されているサービスなので、投稿するだけで多くの人々の目に付きやすいのですが、さらにメールのように飛び道具のようにして利用できるのにも関わらず届けられる相手が限定的ではなく広範囲に及びますし、なおかつホームページのようにインターネット上に情報を残し公開し続けるメリットもあります。

SNSを利用する時に意識するとなお良いのは、予約に関するウェブページのURLのみを投稿せずに、店舗様側のメリットに限らずお客様にとってもメリットが感じる情報も盛り込む事です。

具体的にはレッスンを行っている時間帯やお昼休憩中には電話が繋がらず、電話予約におけるデメリットになっていた状態をインターネットの予約システムを導入した事により、24時間365日受け付けられるようになったというメリットをお伝えしましょう。

また、新たなる予約システムを通じて予約を完了させると、通常は有料で提供しているサービスを少々割引するといった方法を講じると、お客様に周知させつつ実際の利用率が向上させられます。

店舗などで直接紹介する方法とは

お客様に新たなる予約システムの提供を開始した旨をインターネット上以外でお知らせする際には、店舗の店頭にて直接的にお知らせする事になりますが、QRコードを用いると効果的と考えられます。

QRコードは様々な場所で利用できるという利点があるため、お客様に対してショップカードをお配りしているようであれば、ショップカードのスペースに新たにオンライン予約へとつながるQRコードを追加してお配りしましょう。
ショップカードやチラシなどは配布していないという場合はこの機会に新規作成するのも良い方法であり、今日では専門業者やデザイナーに依頼しなくてもスマートフォンやパソコンで誰もがプロ顔負けの優れたデザインのカードやチラシを作る事ができますし、より一層お店の魅力が伝えられるパンフレットも作れます。

またヨガ教室や整骨院、接骨院のようにレッスンや施術を終えた後にお会計を済ませたり次回の予約を行うべく、一度受付に立ち寄る流れの場合には受付の横のレジ周りなど目に付きやすい位置にQRコードを示しておくと効果的です。

受付は担当者が金銭の処理や次回の予約の手続きをするために少し時間がかかりますので、お客様はレジの周囲に目を向けやすい傾向にあり新しいシステム・予約体制を導入した事に気がついてもらいやすいです。

しかも、予約システムについて精通している担当者が目の前に居る状態なので興味関心を抱いた際に質問が投げかけやすいですし、担当者も直接案内ができるという好条件が整っています。

終わりに

ヨガ教室や整骨院、接骨院や各種施設、各種店舗など予約を行わなければ、お客様を迎え入れサービスを提供する事ができない方々にとっては、予約という制度は必須であるため、電話を取り逃がさないように気を張っていたり休憩時間をシフト制にするなどの負担が生じますが、予約システムを導入してオンライン予約が可能な体制にすればスタッフ様の手間も削減することが可能と考えられます。

また、予約を行うお客様にとっても店舗・施設側の受付時間に合わせる事なく自身の都合が良い時間に済ませられるのでお客様の利便性も高められ、双方のお悩みが一挙に解決できます。