【企業様・店舗様向け】キャンセルを減らしたい!キャンセルを減らすために予約システムで工夫すべきこと

こんにちは!Every Fineです。

本日は予約システムを導入済み・検討中の方に向けて、

予約システムと「予約のキャンセル」について、

ご参考となる記事を投稿させて頂きます。

事前予約の制度を作ることで、大きな集客を見込むことが出来ますが、同時に悩みの種になるのが予約キャンセルです。

直前に予約キャンセルをされてしまうと仕入れロスにも繋がります。更に席を用意しておく必要があるので、他の予約を断る必要があり、機会損失にも繋がります。

事前予約を無くしてしまうと集客を見込むことが難しくなりますし、お客様にとっては利便性も悪くなるため、お店の売上が落ちてしまう可能性もあるので機会損失や仕入れロスのデメリットと天秤に掛けることが必要です。その為に多くの店舗では毎回頭を悩ませる難題になっています。

この悩みを解決させるためには安易にキャンセルをされない為の方法を考える必要があります。良い方法を考えて導入する事ができれば、店舗の運営もうまくいくようになり、大きな利益を上げることが可能です。

試行錯誤をする必要はありますが、キャンセルを防ぐことが出来るようになると損失を受けることも無くなります。

予約キャンセルを減らすために予約システムができること①事前決済機能の活用

予約キャンセルを減らすためには事前決済機能を活用することがおすすめです。事前に決済を済ませて置くとキャンセルがされにくくなります。

予約システムの機能面を利用して、クレジットカード決済を導入するのもおすすめです。事前に決済をすると安易にキャンセルをされる事も無くなります。特にクレジットカード決済をすると支払ってしまったので、キャンセルをせずに来店をして頂くことが出来るようになるのでおすすめです。

他にもクレジットカードを持っていない人には銀行振込で対応をしたり、電子マネー等を利用する方法もあります。先払いをする事によって心理的にお店に足を向けさせる事が出来るようになります。確実に来てもらう事が出来るようになると機会損失をすることも無くなりますし、仕入れロスもなくなるので安心です。

これらの方法はシステムの機能面を活用して利用をすることが出来ます。予約システムに組み込む事で効果を発揮するので上手く活用することが大切です。

予約キャンセルを減らすために予約システムができること②事前のリマインド機能の活用

予約キャンセルが起きる原因は予約をした後に時間が空いてしまうことです。そこで、事前にリマインド機能の活用を行うとキャンセルを防ぐことが出来るようになります。

予約システムのシステムの機能面を利用して、メールでお知らせする機能を使うとお客様に対してアクションを行うことが出来ます。事前にメールでお知らせする機能を利用するとお客様のスマートフォンやパソコンのメールアドレスに予約に関するメールを送ることが出来るようになるので、おすすめです。メールが届くとお店に行くことを思い出してくれるようにもなりますので、安易にキャンセルをされる事も無くなります。

システムの機能面を利用して送信をする事が出来るので、お店側に負担が掛かる事もありません。自動的に送信をすることが出来るので、予約システムに導入するだけで利用することが出来ます。メールの文章もアレンジをするとより効果的になりますので、文章を考える事も大切です。

予約キャンセルを減らすために予約システムができること③キャンセル規定などの明記

 

予約キャンセルを減らすためには、キャンセル料の記載を行うのも効果的な手段です。キャンセル料の記載がない場合にはキャンセルをしてもお客様側は損失を受けることがないので、安易にキャンセルをしてしまいます。キャンセル料の支払いが必要になることで、抑制効果が生まれることになり、お店に来て頂くことが出来るようになります。

予約システムのシステムの運用面を利用して、記載をすることも可能です。出来るだけ明確に記載をすることで抑制効果が生まれることになりますので、わかりやすく明確に記載をする事が大切です。曖昧な表記にしてしまうのではなく、きちんと明記することでより効果が生まれます。

この方法を利用して、キャンセルを減らすことが出来るようになると食材のロスを防ぐことも出来るようになります。団体の予約を受けた場合にもお店の損失を抑えることが出来るのでおすすめです。規定がない場合には、機会損失を補う事ができませんので注意が必要です。

終わりに~機会損失を減らすために~

機会損失を減らすためには予約システムを活用して、キャンセルをされない為の工夫をする事が大切です。その為には事前決済を導入してクレジットカードや銀行振込で先に入金をしてもらう方法もあります。またリマインドの機能の活用を行い、メールを送信するのも効果的な方法です。更にキャンセルをした場合にはペナルティで、キャンセル料が発生することを明記しておくとより効果をうみます。

何も工夫をしない場合には機会損失を防ぐことが出来ませんので注意が必要です。機会損失を減らすためには、多くのお店が様々な工夫をしています。客層や土地柄によっても大きく効果が出る場合も考えられます。何も対策をとっていない場合には機会損失を防ぐことは難しくなりますので、注意が必要です。

予約システムを上手く活用すること出来れば、今まで受けていた機会損失を防ぐことが出来るようになります。キャンセルを防ぐことが出来れば、売上を大きく上げることが可能です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

弊社では予約システムを取り扱っております。

もしご関心をお持ち頂けましたらこちらから資料をダウンロード頂けますと幸いです。

(資料ダウンロードページに移動します)

 

また弊社予約システムでは、GMOイプシロン様と提携し、

予約システムと事前決済を連携したソリューションを提供させて頂いております。

ご関心をお持ち頂けましたらこちらのページをご参照頂けますと幸いです。