たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

コンバージョン率がアップ!?今話題の「触れる」動画とは?

こんにちは!Every Fineです!

今回はユーザーも楽しめて、企業や店舗側のメリットも大きい

「触れる」動画について、ご紹介させていただきます。


「触れる」動画とは

「触れる」動画は、「インタラクティブ動画」とも呼ばれ、

動画中にユーザー自身が操作を行えるタップポイントが付いており、

ユーザー参加型の動画となっているのが特徴です。


タップやクリックといった単純な操作なので、初めてインタラクティブ動画を見るユーザーでも

操作性の高いものとなっているのも特徴です。

元々「インタラクティブ」とは双方向を意味する言葉です。

例えば、テレビ番組は一方向性ですが、リモコンを用いた視聴者参加型のデータ放送を利用した番組は双方向のインタラクティブ放送と言えます。

テレビ

インタラクティブ放送


「触れる」動画の特徴

「触れる」動画の特徴は、先ほどもお伝えした通りユーザーが画面をタップ、もしくはクリックですることで、

動画に対してアクションを起こすことができる点にあります。

動画を操作できることで、ユーザーにインパクトや動画自体の面白さを伝えることができます。


また、タップポイントを通じたデータを取得することもできますので、

そこから得られたデータを分析することでコンバージョンアップに役立てられますし、

今後のコンテンツ作成やビジネス戦略にも活かせます。

ファインズでは、 「触れる」動画をBRANCHと称して制作させていただいております。

リンク貼って~

「触れる」動画(BRANCH)で取得できるデータについてご紹介させていただきます。

触れる」動画(BRANCH)で取得できるデータ

通常の動画から得られる情報は、再生回数や好き嫌いの評価程度ですが、インタラクティブ動画は取得できるデータ量が大幅にアップします。

PDCAが回せる人ほど、上手く活用できる可能性が高いですから、データを取得して何に活かすか、それを念頭に挑戦してみるのがポイントとなります。

コンバージョンアップ戦略に繋がる魅力的な手法なので、PDCAが回せるインタラクティブ性に価値があります。

ユーザーが動画を見てどのように操作をしたか、これが分かるので効率良く改善が行えるようになるでしょう。


触れる」動画(BRANCH)のメリット

「触れる」動画(BRANCH)によるメリットは、コンテンツを視聴者ごとにパーソナライズした上で提供できることです。

視聴者は動画で提示される選択肢から自身で決定し、動画を視聴することができるため、没入感を促進できます。

これによってエンゲージメントが高まり、コンバージョン率のアップにも繋がります。

視聴者が 「触れる」動画(BRANCH) を通して行った操作は、取得してまとめられるため、詳細に分析してPDCAを回すことに繋がります。

コンテンツの内容を考えるきっかけや、改善のポイントに操作性のアップなど、PDCAにおいてもメリットが豊富です。

アンケートを設置して集計をしたり、見込み客を選別して営業アクションを行うきっかけを判断するなど、積極的な活用も可能です。

「触れる」動画(BRANCH) は、従来の動画にはないインタラクティブ性を持っているため、新たな可能性との結びつきが予想されます。


「触れる」動画(BRANCH) の事例

「触れる」動画(BRANCH) はアイディアを活かせるコンテンツなので、これまでに様々な事例が登場しています。

視聴者の選択によってその後の展開が変わるストーリー性のある動画や、知りたい情報を視聴者に選んでもらい、知りたい情報だけを提供する動画も存在します。

感覚的にはゲームに近く、どういった展開を見せるか興味を惹くことができます。

通常の動画であれば通常1回の再生のみですが、「触れる」動画(BRANCH) の場合、視聴者はすべての選択肢と動画の内容を知るために繰り返し動画を視聴する可能性が高いです。

これらを広告に結びつけると、コンバージョン率が上がって収益が増える結果に至ります。

動画を長く見てもらえたり、単調な印象を与えずに済むなど、魅力的な仕掛けが成功のきっかけになります。

▼「触れる」動画(BRANCH)の具体的な事例はこちら!

視聴者とコミュニケーションが図れるインタラクティブ動画


まとめ

ユーザーが操作できるインタラクティブ動画では、これまで回せなかったPDCAが回せるようになります。

データ取得に優れた効果を発揮しますし、従来の動画では難しかったエンゲージメント率の測定が行えます。

メリットは主に2つで、1つは動画のパーソナライズによる没入感と関連動画の視聴に繋がる確率のアップで、もう1つはコンテンツと操作性の改善に役立つ情報収集です。

結果的に動画をより長く見てもらえますし、選択肢による多様性が増えて面白さがまします。

何処にどんな仕掛けがあるのか、ユーザー自身が興味を持つようになりますから、コンバージョン率のアップが狙えるのも頷けます。

ユーザーが動画中で視点を変えたり、カメラを切り替えて楽しむことができるなど、視覚的なギミックを盛り込んだ事例が豊富にあります。

ストーリー性を持たせたり、ゲームのような操作性も提供できますから、コンテンツを提供する側に沢山の可能性を秘めていて、アイディア次第で他の動画との差別化が実現します。


記事やファインズについてのお問い合わせはこちら

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連記事

【動画マーケティングの最先端】
動画をタッチして
コンバージョンを得る!
インタラクティブ動画とは?

「見る」だけじゃない!
「触れる」動画
【インタラクティブ動画】
をご紹介!

提供企業

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

  • 最新の動画市場の資料を無料ダウンロード!
  • 法人名* 
  • 氏名* 
  • 電話番号* 
  • 送り先* 
  • 利用規約に同意して