たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

コンバージョン率がアップ!?今話題のインタラクティブ動画とは

こんにちは!Every Fineです。

本日はユーザーも楽しめて、企業や店舗側のメリットも大きい

「インタラクティブ動画」について、

ご参考になる記事を投稿させて頂きます。

インタラクティブ動画とは

インタラクティブ動画は、動画中にユーザーが操作を行うギミックが組み込まれたもので、コンテンツに対する能動的な参加を促すのが特徴です。

タップやクリックといった単純な操作であっても、ユーザーに操作を促す仕掛けであれば、それはインタラクティブ動画だといえるでしょう。

元々インタラクティブは双方向を意味する言葉で、対話を行う形の仕組みのことを指します。

例えばテレビ番組は一方向性ですが、リモコンで参加するアンケートによって双方向性、つまりインタラクティブが生まれます。

動画もそれ自体は一方向性の性質を持つものの、そこに操作を加えることでインタラクティブ性が発揮されます。

視聴の際に動画上にボタンを表示する仕組みを持たせると、簡単に双方向性が生まれてコンテンツの可能性が広がります。

コンバージョン率のアップが狙える動画なので、これからコンテンツを検討するならこのタイプが狙い目です。

ただ配信を行う動画とは異なりますから、コンバージョン率を考えてた上で上手く活用したいところです。

インタラクティブ動画の特徴

インタラクティブ動画の特徴は、ユーザーが画面をタップ、もしくはクリックできる点に集約されます。

また動画が操作可能になることで、ユーザーは驚きを覚えたり面白さを感じます。

ユーザーは自らの操作によって反応を得られますから、いわゆるエンゲージメントに期待する割合が高くなります。

しかもデータを取得することでコンバージョンアップに役立てられますし、今後のコンテンツ作成やビジネス戦略にも活かせます。

通常の動画だと、再生回数や好き嫌いの評価程度しか分かりませんが、インタラクティブ動画となると取得できるデータ量が大幅にアップします。

PDCAが回せる人ほど、上手く活用できる可能性が高いですから、データを取得して何に活かすか、それを念頭に挑戦してみるのがポイントとなります。

コンバージョンアップ戦略に繋がる魅力的な手法なので、PDCAが回せるインタラクティブ性に価値があります。

ユーザーが動画を見てどのように操作をしたか、これが分かるので効率良く改善が行えるようになるでしょう。

インタラクティブ動画のメリット

インタラクティブ動画によるメリットは、コンテンツ提供をユーザーごとにパーソナライズできることで、没入感を促進できる点が挙げられます。

加えてユーザーに選択肢を提示できますから、ユーザー自身の手で関連動画の視聴を促せます。

これによってエンゲージメントが高まりますし、コンバージョン率のアップにも繋がるので、ビジネスにおいてメリットばかりです。

ユーザーがインタラクティブ動画を通して行った操作は、取得してまとめられますから、詳細に分析してPDCAを回すことに繋がります。

コンテンツの内容を考える切っ掛けや、改善のポイントに操作性のアップなど、PDCAに関してもメリットが豊富です。

アンケートを設置して集計をしたり、見込み客を選別して営業アクションを行う切っ掛けを判断するなど、積極的な活用も可能です。

いずれにしても、従来の動画はやり尽くされた感がありますし、頭打ちの印象で発展性が乏しいといえます。

その点インタラクティブ性を持たせることで打破できたり、新たな可能性に結びつくことになります。

インタラクティブ動画の事例

インタラクティブ動画はアイディアを活かせるコンテンツなので、これまでに様々な事例が登場しています。

360°カメラの動画の事例では、個人の目線で捉えられた周囲の様子が、自由に見渡せるのがポイントです。

とても臨場感を感じさせますから、没入感があってリアリティが優れています。

一方では、ユーザーの選択によってその後の展開が変わる、ストーリー性のあるインタラクティブ動画も存在します。

感覚的にはゲームに近く、どういった展開を見せるか興味を惹く点が秀逸です。

面白い動画としては、キーの入力によって画面上に文字が降ってきたり、タップやクリックで動画再生中にカメラを切り替えられる事例があります。

いずれもインタラクティブ性が高く、ユーザーが反応を求めてあれこれ操作を行うことが共通点となっています。

これらを広告に結びつけると、コンバージョン率が上がって収益が増える結果に至ります。

動画を長く見てもらえたり、単調な印象を与えずに済むなど、魅力的な仕掛けが成功の切っ掛けになります。

まとめ

ユーザーが操作できるインタラクティブ動画では、これまで回せなかったPDCAが回せるようになります。

データ取得に優れた効果を発揮しますし、従来の動画では難しかったエンゲージメント率の測定が行えます。

メリットは主に2つで、1つは動画のパーソナライズによる没入感と関連動画の視聴に繋がる確率のアップで、もう1つはコンテンツと操作性の改善に役立つ情報収集です。

結果的に動画をより長く見てもらえますし、選択肢による多様性が増えて面白さがまします。

何処にどんな仕掛けがあるのか、ユーザー自身が興味を持つようになりますから、コンバージョン率のアップが狙えるのも頷けます。

ユーザーが動画中で視点を変えたり、カメラを切り替えて楽しむことができるなど、視覚的なギミックを盛り込んだ事例が豊富にあります。

ストーリー性を持たせたり、ゲームのような操作性も提供できますから、コンテンツを提供する側に沢山の可能性を秘めていて、アイディア次第で他の動画との差別化が実現します。