たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

広告の種類ってどれくらいあるの?

こんにちは!Every Fineです。

本日は「広告の種類」について投稿させていただきます。

広告がたくさんありすぎてどこから手を付けていいいのかわからない!といった方へ

ご参考になる記事を投稿させて頂きます。

広告の種類

 

ーマス広告ー

マス広告は基本的にブランディングに向いている広告手法といえます。

 

マス広告の主な媒体

・新聞広告

・雑誌広告

・テレビ広告

・ラジオ広告

・交通広告

 

新聞広告

→長年社会に根付いた広告のため、社会的信頼度が高く信頼獲得が大いに見込めます。

地域によって新聞も分かれるため、地域別やブランディングなどにオススメです。

しかし、広告の掲載期間が短いことが懸念点になりますが、同原稿を他媒体でも使用できる二次利用がメリットとなります。

 

雑誌広告

→雑誌の購読者層に合わせてターゲットが絞りやすいのが特徴です。

しかし、掲載までに2か月程度かかるため綿密な計画が必要となります。

最近は、タブレット等で雑誌を見る層も増えてきているのでまだまだ効果はありそうですね。

 

テレビ広告

→広範囲に一斉に告知が可能で、伝達速度が速いのが特徴です。

 映像や音楽などで人の記憶に残りやすく、感情にも訴えやすい媒体になります。

 

ラジオ広告

→現在のラジオ視聴者は40~60代の方の聴取率が20~30代の2倍となっており、首都圏のラジオ平均視聴率は5.1%と言われています。年代の高い方をターゲットとした広告は向いている媒体となります。

 

交通広告

→コストパフォーマンスがとても良いといわれています。

 JRの電車内広告(ドア横B3広告)で1週間の視認単価が0.61円と掲載費用はかなり値を張りますが、ブランディングなどに向いているのではないでしょうか。

 

 

ーインターネット広告ー

インターネット広告は基本的に、従来効果測定のしづらかった広告において、効果測定が可能となる広告となり、費用対効果も測りやすい媒体です。

・メールマガジン

・リスティング広告

・バナー広告

・ソーシャルメディア広告

・動画広告

 

メールマガジン

→インターネット初期から使用されています。自社リストがあるととても強い媒体です。

自社配信もできるため、広告費用を抑えることができ、タイミングも365日24時間いつでも配信できることが特徴です。

 

リスティング広告

→WEB上の文字広告。お金を出せば検索結果の上位に広告が出せます。広告費の月額上限を決められるので、無理のない少ない広告費での掲載も可能なので手軽に始められます。

 

バナー広告

→WEB上の画像広告です。新規・既存ユーザー問わずアプローチができます。

興味関心の有無に関わらず、一定期間掲載できることが特徴です。マス広告と類似点が多いかもしれません。

 

ソーシャルメディア広告

→FacebookやTwitter、Instagramなど個人でも簡単に見ることができるソーシャルメディアを使って情報を共有できる広告です。

企業アカウントでも「中の人」と呼ばれる運営者のファンができたりとこれからの広告を担っていくであろう広告となります。

 

動画広告

→Youtube内で表示される広告。動画内容に合わせてターゲットを選定できます。

また、映像なのでテレビ広告と同じように人の記憶に残りやすく、感情にも訴えやすい媒体となります。

 

オススメの広告

 

・リスティング広告

ターゲットの選定ができるため効率的なアプローチが可能なことがメリットですが、それに加えてターゲット層の幅が広いことが特徴です。

また、いつでも始められるのでいつでも辞めることが可能です。季節性のある商品などのPRにもオススメです。

・動画広告

近年の動画閲覧率の高さ(Youtube利用率77%)や視聴年齢層の幅も広いので、多方面に向けてのアピールが可能です。

また、一定時間閲覧した回数のみ費用が発生するためコストの削減にもつながります。

 

採用例

 

上記、オススメの広告で当社にて採用いただいた企業様の声をお伝えいたします。

 

ご参考ください。

・リスティング広告

日用品の販促にご利用いただきました。

https://www.e-tenki.co.jp/voice/listing/

・動画広告

BtoC向けの動画広告配信を行っていただきました。

https://www.e-tenki.co.jp/voice/movie/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

様々な広告の種類がある中で、どこから手を付けていいのかわからない方もいらっしゃるかと思います。

これからも広告の種類やオススメの広告をご提供していきます。

 

ご参考までにファインズでも多様な広告を扱わせていただいております。

広告の各種資料はこちらから

ご興味ございましたら、ぜひご覧ください。

 

次回更新もお楽しみに!