たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

【自社でできちゃう!】最新版のホームページに大変身!!!

こんにちは!Every Fineです。

本日は「自社でできちゃう!最新版のホームページに大変身!!!」について

投稿させていただきます。

 

自社ホームページを更新できるようにして、

細かい修正を外注せずに済むようにしていきましょう。

ホームページは『タンスの肥やし』に
なりやすい?

現在あるホームページの更新を最後にしたのを覚えていらっしゃいますでしょうか?

多くの企業様で、タンスの肥やしになってしまう可能性が高く、

作りっぱなしというお話もたくさん伺います。

 

ホームページをタンスの肥やしにしない為には、更新頻度をきちんと設定したり、

注目度を高めてアクセス数を増やすことが必要です。

 

既に長期間タンスの肥やし状態になっている場合は、

思い切ってリニューアルを行い、話題を集めてから新たな運用に入るのがオススメです。

 

サーバーやドメインの維持費、ホームページ運用担当者の人件費など、

ホームページは決して安くはないメ媒体となります。

 

また、折角の情報発信のチャンスを活かす意味でも、

適度な更新頻度で注目してもらうことが大事だといえます。

 

旧来の古いデザインを好まれるユーザーさんもいらっしゃいますが、

意図したものでなければ単なる『タンスの肥やし』で終わってしまいます。

 

リニューアルとなると当然費用はかかりますが、改めて価値を高めたり、

情報発信の媒体として育てるきっかけになります。

 

上手く育てれば企業としてのブランド力が高まりますし、

自社のイメージ改善にも結びつくので、積極的に活用して価値を引き上げたいところです。

 

デザインを現代風にリニューアルしたり、

定期的にコンテンツを発信するだけでも違ってきますから、

『タンスの肥やし』になっていないかチェックして見直すことが大切です。

手軽に出来ちゃう!
自社で行う簡単マイナーチェンジ

自社のホームページを価値あるものにしたい時は、

手軽な方法でマイナーチェンジを図るのが理想的です。

 

例えば、コンテンツ管理システムと呼ばれるCMS(シーエムエス)の導入がその1つで、

HTML(エイチティーエムエル:ホームページを構成する文字列)の知識がなくても

ホームページの管理が行えるのが特徴です。

 

(例)弊社ホームページ

CMS

HTML


(メリット)

  • 更新作業にあまりコストや手間がかからない
  • 外注コストが避けられる
  • ネットに繋がるブラウザで、何処からでもアクセスして更新が可能

(デメリット)

  • HTMLに関する知識が必要
  • 変更に時間がかかる

更にデザインとコンテンツを分けて管理できますから、商品ごとのページを用意したり、デザインや内容の変更が容易です。

勿論、複数のページで共通のデザインを用いるのもお手の物なので、頭に思い描く形で自社らしいマイナーチェンジや運用が始められます。

企業がホームページのマイナーチェンジをすると、話題を集めてニュースサイトに取り上げられることがあります。

その為、ニュースの記事が広告になるつもりでデザインを考えたり、魅力的なリニューアルを行うのが狙い目となります。

WordPress

Wix

Jimdo






世界的にユーザー数が多い

また、弊社ホームページの管理もWordPressで行っておりますので、使い勝手の良さはお墨付きです。

更に、プラグインが豊富で使いたい機能だけを組み合わせられるなど、柔軟性の高さが優れます。

デザインを決定づけるテーマもたくさんありますので、簡単にデザイン性の高いホームページを作ることができます。

Jimdoはシンプルかつ低コストで、誰でも簡単にホームページの作成が行えるように設計されています。

元々はドイツ生まれですが、日本向けに日本語でもサービスが提供されているので、英語が分からなくても心配無用です。

テンプレートは比較的少なめで、逆に導入のハードルの低さやカスタマイズ性の高さが、WordPressに対して優れているポイントです。

WixはテレビCMでもおなじみのサービスで、無料でホームページを作れたり、電話サポートが受けられるので使い方を気軽に聞けるというメリットがあります。

テンプレートの使用やデザイン性のカスタマイズ性も高く、画面上の操作による簡単な作業でホームページを形にすることができます。

企業だと有料プランが選択肢に入りますが、月額費用が手頃ですから、少ないコストで運用や管理も行なうことができます。

まとめ

ホームページは作って満足してしまうと、そのままタンスの肥やしになりがちです。

更新をしなくても、運用を続ける限り維持コストが発生するので、

無駄を避けたり価値を高めたいところです。

 

一番良いのはリニューアルを行い、見た目や印象を変えて再出発を図ることです。

HTMLの技術やデザインの知識がなくても、いわゆるCMSの導入を行えば、

簡単に立派なホームページが手に入ります。

 

CMSはホームページの作成やデザインに管理など、

様々な手間を削減してコストを抑えてくれるものです。

洗練されていて統一感のあるデザインは、顧客に良い印象を与えられる上に、

表示が速く快適性が優れます。

 

それに、SEO(検索上位表示)的にもプラスに働きますから、

やはりデザインやコンテンツの見直しは重要です。

 

CMSは選択肢が多く迷ってしまいがちですが、

WordPressにJimboやWixなど、定番どころに絞り込めば比較検討が簡単です。

導入のハードルや運用のコストなど、比較によって異なる点は見えてきますが、

それでも全体的にハードルが低いのは共通点です。

CMSでホームページを大変身させると、以降の管理負担やコストはかなり減って、

更新や情報発信が行いやすくなります。

ホームページ関連おすすめ記事

【自社を動かすのは競合!?】競合ホームページの動向を分析して、自社ホームページの運営に活かそう!

ホームページ制作後の3つのポイント