たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

【シリーズ第1弾!】集客力を秘めた広告「リスティング広告」をご紹介!

こんにちは!Every Fineです。

本日は

【シリーズ第1弾!】集客力を秘めた広告「リスティング広告」をご紹介!」を

投稿させていただきます。

「リスティング広告」という言葉は聞いたことがあるけれど、よく内容は知らない!

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために「リスティング広告」をシリーズ化してご紹介します!

自社を成功に導くリスティング広告とは?

あまり聞きなじみのない広告名かもしれませんが、実はGoogleやYahoo!を使って

検索をしたことがある方は、一度は見たことがあるかもしれません。

例えば、『渋谷 美容院』と検索をした時、

下の図の赤い枠のように検索結果ページの最上部に広告が出てくるのが「リスティング広告」です。

ご覧になったことはありましたでしょうか?

 

リスティング広告は、GoogleやYahoo!で「検索するときに利用するキーワード」が鍵となっています。

実はこの「検索するときに利用するキーワード」に応じて出てくる広告が変わってくるのです。

企業は自社商品やサービスに関係するユーザーの検索を予測して、

リスティング広告の掲載をしています。

リスティング広告の3つのメリット

たくさんの企業から高い評価を得ているリスティング広告ですが、なぜこんなにも好評なのでしょうか。

メリットはたくさんありますが、ここではメリットを大きく分けて3点紹介していきます!

1.すぐ始められていつでもやめられる

広告を始めたはいいけれど、残念ながら効果が得られず、広告配信をやめたい場合、

契約期間が決まっている為すぐには止められないのでは?と聞かれます。

 

実は、リスティング広告はそういった方にぴったりな広告方法なのです。

リスティング広告は、「見てもらいたいホームページ」と

「GoogleまたはYahoo!のアカウント」があれば広告の掲載が出来ます。

 

GoogleやYahoo!の設定でやめたいときにすぐ配信を止めることもできますし、

準備さえ整っていれば、すぐに広告掲載もできるので安心して広告ができます。

2.低予算からでも広告掲載出来る

広告をするには、予算として最低でも数十万円が必要なのでは?と聞かれることが多いのですが、

リスティング広告は、意外にも数万円から手軽に始められるのです。

 

予算もそれぞれの企業や店舗によって違うと思いますので、

自社に合った金額でリスティング広告をする事で、無理なく広告することができ、

集客をすることができます。

3.購買意欲の高いユーザーに広告掲載ができる

ユーザーがどんなキーワードを使って検索するのか予測をし、

自社でキーワードを選定してから広告を掲載するシステムですので

自社商品やサービスに関連のある検索をした方に向けて広告掲載をすることが出来ます。

 

また、ユーザーの年齢や性別、配信地域の指定も可能なので、

より購買意欲の高いユーザーへ広告を掲載することが出来ます。

実は電子マネーと同じ仕組み!?
リスティング広告のシステム

リスティング広告が高い評価を得ている理由は、料金システムにもあります。

リスティング広告は、CPC(Cost Per Click)と呼ばれる料金システムで行われています。

CPCは日本語で「クリック単価」と訳されます。

 

「クリック単価」とは「広告が1回クリックされたときに発生する金額」のことです。

一見難しそうに見えるこの料金システムですが、

実はよく使われている電子マネーのシステムにとても似ています。

 

まず、広告主はGoogleやYahoo!へ広告掲載の依頼をします。

次に、広告主はユーザーから1クリックされた時に発生するクリック単価を

いくら出すことが出来るのかを提示します。

この金額に応じて、広告を掲載するか否かをGoogleやYahoo!が判断し、

広告を掲載してくれるシステムになっています。

 

そして、実際に広告が掲載され、ユーザーがクリックした時にだけクリック単価が

発生するシステムなのです。

 

少し分かりにくい話になってしまいましたので、図を使って解説していきます。

例えば、企業AがGoogleを使って、月額100,000円

リスティング広告の掲載をしたいとします。

そして、「渋谷 美容院」という検索キーワード

クリック単価を500円で依頼したとします。

 

①まず、企業AがGoogleへリスティング広告の掲載依頼をします。

その際に「渋谷 美容院」のクリック単価も500円と依頼します。

②その時に、1ヶ月分の広告費用として100,000円をGoogleに先に支払い(電子マネーで言うとチャージ)をします。

③広告掲載の依頼を受けたGoogleがリスティング広告を掲載します。

④ユーザーがリスティング広告をクリック

⑤支払っておいた(チャージしておいた)広告費用から500円が引き落とされます。

 

以上、具体例を挙げさせていただきました。電子マネーと形態が似ているという点について

ご理解いただけましたでしょうか。

 

このように、先に広告費用を支払っておくことのよってそれ以上の費用が

追加で請求される事はありません。

 

予算に応じて広告費用のバランスを考えながら運用できるのが特徴でもあります。

リスティング広告を利用者の声を公開!

ここでは、実際に弊社でリスティング広告のサービスをご利用頂いている

有限会社かしわぎ様からのお声を紹介させていただきます!

 

有限会社かしわぎ様

お客様の声(リスティング広告)

 

弊社でリスティング広告を始められる前は、他社でも様々な施策を依頼されていたようですが、

ネット集客自体が不向きなのでは…?と思われていたとのこと。

そこで、リスティング広告を使ってより集客力をあげていくことを目標に、

弊社のサービスを利用していただきました。

 

実際にリスティング広告を始めると、新規のお客様が少しづつ増え始め、

寝具に関するご相談やお問い合わせが毎月定期的にいただけるようになったとのこと。

また、季節や時期により、ユーザーが検索する時に使うキーワードも変化するので、

季節や時期に合わせてキーワードを積極的に変更させました。

 

すると、リスティング広告自体をユーザーに見ていただける機会が増えたため、

ユーザーからの認知度も上がり、比例するように売上も上がりました。

まとめ

今回ご紹介したリスティング広告について少しは参考になりましたでしょうか?

リスティング広告は、

1.始めたい時に始められてすぐやめられる

2.低予算からでも広告ができる

3.購買意欲の高いユーザーに広告掲載ができる

といったようにはじめるのにハードルの低い広告手法であると思います。

 

 

次回は他媒体と比較したリスティング広告のメリットをご紹介させていただきます。

次回もお楽しみに!!!

▼シリーズ第2弾はコチラ▼

【シリーズ第2弾!】
リスティング広告と他広告を比較!
リスティング広告が向いている方とは!?