【ここまで違いが出る!】スマホと業務用カメラで動画制作をしたときの違い!

こんにちは!Every Fineです。

本日は

【ここまで違いが出る!】スマホと業務用カメラで動画制作をしたときの違い!」を

投稿させていただきます。

動画が流行中のいま、メディアに合った動画を投稿して、

集客に繋げていきましょう!

最近のスマホのカメラは高性能になっており、

好きな時に写真や動画を撮影して気軽にWEB上に載せることができるようになりました。

しかし、業務用カメラや一眼レフで動画撮影したものと比較した場合、

どんな違いが出るのでしょうか。

業務用カメラ・一眼レフ

フォーカスした部分以外の背景を自然にぼかすことができる。

被写体をよりくっきり撮影することができる。

明るさのグラフであるヒストグラムを操作することによって、より魅力的な動画になる。

スマホ

一眼レフとの画質の差はいまほとんどありませんが、

外付けのレンズなどを取り付けることによって、

普段とはちがうクオリティの動画制作ができます。

本格的な業務用カメラと手軽なスマホ
どっちがいいの?

では、本格的な業務用カメラと手軽なスマホ、どちらで動画を撮影する方が良いのでしょうか。

 

本格的な業務用カメラを使用すると、素人でもプロが撮ったような動画を撮影することができます。

シーンに合わせた設定をすることができるので高画質であることはもちろんですが、

編集にも特化したフォーマットで撮影を行えるメリットがあります。

 

また、紹介動画などに向いており、用途に合わせて画質を落とすこともできます。

しかし、スマホと比較すると非常に高額であることがネックになるかもしれません。

スマホは業務用カメラに比べて機能があまり多くない傾向にあります。

 

しかし、固定された画角の撮影や、多少画質が粗くても良いようであれば持ち運びも便利なので

手軽に撮影するには良いと思います。

 

では、ここで、スマホで撮影した動画と業務用カメラで撮影した動画を比較してみましょう。

業務用カメラとスマホの動画比較

※音声が再生されますので音量にご注意ください。

ご覧いただいた動画にて、下記のような違いが分かるかと思います。

業務用カメラ

スマホ

手ブレ

ブレにくい

ブレやすい

明るさ

環境に合わせやすい

野外→屋内といった急な明るさの変化に弱い

また、通常は手ブレ・明るさの他に下記のような違いが出てきます。

業務用カメラ

スマホ

マイク

雑音が入りにくい

風の音などの雑音を拾いやすい

ズーム

ズームをしても画質はあまり変わらない

ズームをすることで画質に差が出やすい

こう見るとスマホでできることは業務用カメラでも撮影することができますので、

やはり業務用カメラを利用いただいて動画制作をすると良いと思います。

スマホで動画を撮るときに気を付けたいこと

ただ、やはり金額的な面や手軽さの観点からすぐに業務用カメラを利用するのは難しいかと思います。

そのため、手軽に撮影ができるスマホでの動画撮影の仕方をご紹介させていただきます。

 

スマホで動画を撮るときには「ズーム」と「手ブレ」に注意しましょう。

ズームを使用する場合、スマホのズームは画像を切り取って拡大する仕組みなので

ズームするほど画質が悪くなりますので、なるべく被写体に近づいて撮影しましょう。

 

また、スマホは上記映像のように手ブレを起こしやすいため、

脇を締めて力を抜いたスタイルで撮影するようにしましょう。

(補足)Web上に掲載する際に気を付けたいこと

Web上で公開するために動画撮影をしていると思いますので、

Webに掲載するときのことも考えなければなりません。

 

撮影した動画をブログやSNSに載せる場合には、

動画にプライバシーに関するものが映っていないかどうかを

事前に確認しておくことが重要となります。

まとめ

もちろん、撮影を企業に依頼する方がクオリティの高い動画作成ができますし、

サポート等も充実していると思います。

 

ただ、手軽にブログやSNSへ投稿したいというようであれば

まずはスマホから撮影を開始しても良いと思います。

しかし、画質や見栄えを考えると業務用カメラで撮影することをおすすめします。

 

おすすめの業務用カメラにつきましては、後日別記事にて更新させていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!