たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

【シリーズ第4弾!】リスティング広告の広告文章作成術教えます!

こんにちは!Every Fineです。

本日は

「【シリーズ第4弾!】リスティング広告の広告文章作成術教えます!」を

投稿させていただきます。

シリーズ第4弾となった今回がシリーズ最後となります。ぜひ最後までご覧ください!


シリーズ第3弾までのおさらい!

第3弾までにお話しさせていただいた内容にて、リスティング広告で大事なこと、

どういった仕組みなのかをお話しさせていただきました。

詳しくは、下記ページをおさらいいただければと思います!

▼シリーズ第1~3弾の詳細は下記をチェック!

【第1弾!】

集客力を秘めた広告
「リスティング広告」
をご紹介!

【第2弾!】

リスティング広告と
他広告を比較!
リスティング広告が
向いている方とは!?

【第3弾!】


リスティング広告の
キーワード選定の方法


第3弾おさらい

第3弾では、広告掲載をするキーワードはターゲットとなるユーザーが

実際に検索をしそうなキーワードで広告を掲載することが重要

というお話をさせていただきました。

また、商品やサービスのターゲットを明瞭化することが重要となります。

ターゲットを明瞭化するためにも、商品・サービスの強みや競合相手、

参入している市場などを調査・分析していきましょう。

ユーザーが検索するキーワードを考えたり、キーワードも1度設定して終わりではなく、

頻繁に見直しや変更を加えていく必要があります。

その分析の結果、

「広告を掲載するように設定する」キーワードと

「広告を掲載しないように設定する」除外キーワードを設定していきましょう。

というのが、第3弾の内容でした。


広告文章とは?

第3弾をふまえて、せっかく検索をしてくれて広告が表示されても

自分に合わないページだと判断されたり、興味がないと思われてしまっては

意味がありません。

その際に重要になってくるのが広告文章です。

この広告文章によって「自分が検索したい内容と合っているか」「悩みが解決しそうか」を

判断し、クリックするかしないかが決まります。


リスティングでクリックしたくなる
広告文章作成ノウハウ5選

では、具体的にどういった広告文章がクリックされやすいのでしょうか。

クリックされやすい広告文章の作成方法をご紹介させていただきます。

1.具体的に悩みを解決できる内容か

問題解決に関連する広告であれば、悩みの例と

解決のサポートを伝える内容にすると効果的です。

悩みは誰もが抱えているものですから、抽象的な文章になってしまうと、逆に不安を募らせてしまいますが、

具体的に解決できる内容を記載することで多くの共感が得やすくなります。

(例)検索ワード:防災

2.先を知りたくなるような内容にする

先が知りたくなる文章で、結論を含めない内容に仕上げると良いとされています。

気になるキッカケを与えつつ、答えはすぐに提示しない、

それが思わずクリックしたくなる広告の1つでもあります。

(例)検索ワード:アパート 建築

3.ユーザーが検索したキーワードを含める

ユーザーが検索したキーワードを含めるというのも広告文章作成のテクニックで、

興味を引きつけるのに役立ちます。

リスティング広告はキーワード検索と連動するので、

ユーザーが間違いなく興味を持っている検索キーワードを活用しない手はないです。

(例)検索ワード:無料体験レッスン

4.根拠のある数字を使う

説得力を持たせたい部分には、具体的な数字を使うのも大切なポイントです。

人は数字に説得力を感じたり影響を受けやすいので、

根拠のある数字を上手く使っていくことでクリックを促すことができます。

(例)検索ワード:介護 求人

5.簡潔で分かりやすい文章を心がける

当然ですが、リスティング広告の文章には文字数の制限があります。

なるべく簡潔に文章をまとめ上げるのが理想的です。

内容が重複する部分は削る、冗長になりがちな言葉は他の単語に置き換えるなども有効です。

推敲して読みやすくすれば、その分内容が読むユーザーの頭にすんなりと入るので、

結果的にクリックしたくなる文章になります。

(例)検索ワード:目黒 不動産


クリック率がこんなに上がった!
広告文章改善例

「お得なキャンペーンを開催中」「詳しくは公式サイトで」

のような広告文章でも内容を改善することによりクリック率が上がりました。

改善点は内容をより具体的にすることで、文章を読むユーザーがイメージしやすくなったり、

誰もが自分を対象としている広告だと感じるようになっています。

「お得なキャンペーン」という部分は、何がどのようにお得になるか、

具体的な数字を加えることで改善していきます。


(例)

開催期間や終了日にお得になる割引率など、数字を用いる。

誰を対象としているか、これは男女の性別や年齢層といったターゲットに

正しく伝えるために、明確にターゲットを記載することで改善されました。

キャンペーンの利用条件についても具体的な内容を入れることで、訴求力を高められました。

また、商品の購入者やサービス利用者の声を採り入れる方法でも、

同様にクリック率がアップしました。

同じような商品を求めていたり悩みを抱えているユーザーにとって、

経験者の声はクリックを誘発するきっかけとなります。

クリック率の改善はケースバイケースですが、非常に小さな数字に留まる場合がある一方、

10倍もの改善が見られるケースもあるので、

文章を見直しながらトライ&エラーを繰り返していきましょう。


リスティングを出して終わりにしない、
おすすめサイト分析ツール3選

広告全般に言えることですが、広告を掲載して終わりではなく、

結果を見て効果を判断しながら、改善を繰り返していくことが重要となります。

その改善に使用いただきたいサイト分析ツールは下記になります。

Keywordmap

リスティングを含めた広告にも対応する、優れたサイト分析ツールの1つです。

SEOやユーザーニーズの可視化など、誰もが欲しがる分析データが手に入ります。

Similar Web

海外の分析ツールですが、日本語対応で無料のお試し版もあります。

広告のみに留まらない改善のヒントが手に入り、マーケティングにおいて頼れる味方となります。

Google
アナリティクス

Googleが提供するアクセス解析ツールのことです。

基本的に無料で様々な機能を使うことができ、Webマーケティングには不可欠のツールと言われています。

自社ホームページ分析だけでなく、

競合のホームページ分析も併せて必要になってくることがあるかと思います。

その際にご利用いただきたいツールにつきましては、

下記記事にて掲載させていただいておりますので、ご参考ください。

【自社を動かすのは競合!?】
競合ホームページの動向を分析して、自社ホームページの運営に活かそう!


まとめ

リスティング広告についてシリーズとしてご紹介させていただきました。

様々な知識や情報が必要となり、自身で運営していくのは難しそう・・・といった印象を受ける方も多いのではないでしょうか。

その場合は、弊社ファインズにてリスティング広告の運用代行も行っておりますので、

運用方法等ご相談いただけましたら幸いです。

リスティング広告担当:03-5459-4073

1954年に創業してから今まで親子三代に渡ってお店を経営しており、主に寝具用品とベッドを販売しております、夢工房かしわぎ様にお話をお伺いしました。


記事やファインズについてのお問い合わせはこちら

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email(セミナー動画送信先)*
ホームページURL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH動画)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連記事

ホームページ訪問者を増やすには?
キーワードプランナー活用術

【クリックされる?】
タイトルの具体例と考え方5選!

提供企業

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

こんにちは!Every Fineです。

本日は

【シリーズ第4弾!】リスティング広告の広告文章作成術教えます!」を

投稿させていただきます。

シリーズ第4弾となった今回がシリーズ最後となります。ぜひ最後までご覧ください!

シリーズ第3弾までのおさらい!

第3弾までにお話しさせていただいた内容にて、リスティング広告で大事なこと、

どういった仕組みなのかをお話しさせていただきました。

詳しくは、下記ページをおさらいいただければと思います!

▼シリーズ第1~3弾の詳細は下記をチェック!

シリーズ第1弾!
集客力を秘めた広告
[リスティング広告]
をご紹介!


詳細はこちら >>

シリーズ第2弾!
リスティング広告
と他広告を比較!
リスティング広告が
向いている方とは!?


詳細はこちら >>

シリーズ第3弾!
リスティング広告のキーワード選定方法


詳細はこちら >>

第3弾おさらい

第3弾では、広告掲載をするキーワードはターゲットとなるユーザーが

実際に検索をしそうなキーワードで広告を掲載することが重要

というお話をさせていただきました。

また、商品やサービスのターゲットを明瞭化することが重要となります。

ターゲットを明瞭化するためにも、商品・サービスの強みや競合相手、

参入している市場などを調査・分析していきましょう。

ユーザーが検索するキーワードを考えたり、キーワードも1度設定して終わりではなく、

頻繁に見直しや変更を加えていく必要があります。

その分析の結果、

「広告を掲載するように設定する」キーワードと

「広告を掲載しないように設定する」除外キーワードを設定していきましょう。

というのが、第3弾の内容でした。

広告文章とは?

第3弾をふまえて、せっかく検索をしてくれて広告が表示されても

自分に合わないページだと判断されたり、興味がないと思われてしまっては

意味がありません。

その際に重要になってくるのが広告文章です。

この広告文章によって「自分が検索したい内容と合っているか」「悩みが解決しそうか」を

判断し、クリックするかしないかが決まります。

リスティングでクリックしたくなる
広告文章作成ノウハウ5選

では、具体的にどういった広告文章がクリックされやすいのでしょうか。

クリックされやすい広告文章の作成方法をご紹介させていただきます。

1.具体的に悩みを解決できる内容か

問題解決に関連する広告であれば、悩みの例と

解決のサポートを伝える内容にすると効果的です。

悩みは誰もが抱えているものですから、抽象的な文章になってしまうと、逆に不安を募らせてしまいますが、

具体的に解決できる内容を記載することで多くの共感が得やすくなります。

(例)検索ワード:防災

2.先を知りたくなるような内容にする

先が知りたくなる文章で、結論を含めない内容に仕上げると良いとされています。

気になるキッカケを与えつつ、答えはすぐに提示しない、

それが思わずクリックしたくなる広告の1つでもあります。

(例)検索ワード:アパート 建築

3.ユーザーが検索したキーワードを含める

ユーザーが検索したキーワードを含めるというのも広告文章作成のテクニックで、

興味を引きつけるのに役立ちます。

リスティング広告はキーワード検索と連動するので、

ユーザーが間違いなく興味を持っている検索キーワードを活用しない手はないです。

(例)検索ワード:無料体験レッスン

4.根拠のある数字を使う

説得力を持たせたい部分には、具体的な数字を使うのも大切なポイントです。

人は数字に説得力を感じたり影響を受けやすいので、

根拠のある数字を上手く使っていくことでクリックを促すことができます。

(例)検索ワード:介護 求人

5.簡潔で分かりやすい文章を心がける

当然ですが、リスティング広告の文章には文字数の制限があります。

なるべく簡潔に文章をまとめ上げるのが理想的です。

内容が重複する部分は削る、冗長になりがちな言葉は他の単語に置き換えるなども有効です。

推敲して読みやすくすれば、その分内容が読むユーザーの頭にすんなりと入るので、

結果的にクリックしたくなる文章になります。

(例)検索ワード:目黒 不動産

クリック率がこんなに上がった!
広告文章改善例

「お得なキャンペーンを開催中」「詳しくは公式サイトで」

のような広告文章でも内容を改善することによりクリック率が上がりました。

改善点は内容をより具体的にすることで、文章を読むユーザーがイメージしやすくなったり、

誰もが自分を対象としている広告だと感じるようになっています。

「お得なキャンペーン」という部分は、何がどのようにお得になるか、

具体的な数字を加えることで改善していきます。

(例)

開催期間や終了日にお得になる割引率など、数字を用いる。

誰を対象としているか、これは男女の性別や年齢層といったターゲットに

正しく伝えるために、明確にターゲットを記載することで改善されました。

キャンペーンの利用条件についても具体的な内容を入れることで、訴求力を高められました。

また、商品の購入者やサービス利用者の声を採り入れる方法でも、

同様にクリック率がアップしました。

同じような商品を求めていたり悩みを抱えているユーザーにとって、

経験者の声はクリックを誘発するきっかけとなります。

クリック率の改善はケースバイケースですが、非常に小さな数字に留まる場合がある一方、

10倍もの改善が見られるケースもあるので、

文章を見直しながらトライ&エラーを繰り返していきましょう。

リスティングを出して終わりにしない、おすすめサイト分析ツール3選

広告全般に言えることですが、広告を掲載して終わりではなく、

結果を見て効果を判断しながら、改善を繰り返していくことが重要となります。

その改善に使用いただきたいサイト分析ツールは下記になります。

Keywordmap

リスティングを含めた広告にも対応する、
優れたサイト分析ツールの1つです。

SEOやユーザーニーズの可視化など、
誰もが欲しがる分析データが手に入ります。

Keywordmap

SimilarWeb

海外の分析ツールですが、
日本語対応で無料のお試し版もあります。

広告のみに留まらない改善のヒントが手に入り、
マーケティングにおいて頼れる味方となります。

SimilarWeb

Google
アナリティクス

Googleが提供するアクセス解析ツールのことです。

基本的に無料で様々な機能を使うことができ、Webマーケティングには不可欠のツールと言われています。

Google
アナリティクス

自社ホームページ分析だけでなく、

競合のホームページ分析も併せて必要になってくることがあるかと思います。

その際にご利用いただきたいツールにつきましては、

下記記事にて掲載させていただいておりますので、ご参考ください。

【自社を動かすのは競合!?】競合ホームページの動向を分析して、
自社ホームページの運営に活かそう!

まとめ

リスティング広告についてシリーズとしてご紹介させていただきました。

様々な知識や情報が必要となり、自身で運営していくのは難しそう・・・といった印象を受ける方も多いのではないでしょうか。

その場合は、弊社ファインズにてリスティング広告の運用代行も行っておりますので、

運用方法等ご相談いただけましたら幸いです。

リスティング広告担当:03-5459-4073

弊社リスティング広告についての詳細は下記ご覧ください。

お客様の声(リスティング広告)