【SNS連携の仕方!~Instagram編~】1度の投稿で複数のSNSで投稿を可能にしよう!

こんにちは!Every Fineです。

本日は

【SNS連携の手順!~Instagram編~】1度の投稿で複数のSNSで投稿を可能にしよう!」を

投稿させていただきます。

1度の投稿でたくさんの人の目に触れる場を作っていきましょう。

それぞれのSNSで投稿した内容を他のSNSでも同内容の投稿ができるという便利な機能です。

今回はInstagramで投稿した内容を他のSNSで投稿する場合の連携の手順をご紹介させていただきます!

SNS連携をするメリット

1.作業量を減らすことができる

1つひとつのSNSで0からコンテンツを作成すると、コピー&ペーストを活用しても

かなりの時間がかかってしまいます。

そこで連携機能を使えば、Instagramで投稿したコンテンツをすぐに

FacebookやTwitterなどで共有できるため投稿担当者の負担を減らせるということが

最大のメリットです。

2.露出度を高めることに繋がるのでフォロワー増を見込める

通常はInstagramを見た方しかフォロワーになってくれる見込みはありませんが、

連携したSNSを通じてInstagramのフォロワー増加の可能性が高まることがメリットです。

InstagramのコンテンツをFacebookやTwitterにアップロードすることで、

他のSNSを主に使用しているユーザーにもInstagramへアクセスしてもらえる機会が増え、

Instagramでは企業をフォローしていなかったユーザーが

Instagramアカウントをフォローしてくれる可能性が高くなるのです。

「他のSNSでフォローされているから、Instagramではフォローされる必要はない」

と思うかもしれませんが、フォロワーが増えることでInstagramで

企業や商品・サービスについて投稿してくれる方の割合が増えるというメリットがあります。

フォロワー増加=露出度増加となりますので、

多くのSNSでフォローしてもらえることに損はありません。

Instagramと連携させたいSNS

1.連携できるSNS

連携できるSNSは今のところ5つとなっています。

Facebook

Twitter

Tumblr

Ameba

OK.ru

よく使われるのはFacebookとTwitterかと思いますので、

今回はそちらの連携の手順をご紹介させていただきます。

Twitterとの連携の手順

まずは、Twitterとの連携手順のご紹介をさせていただきます。

①三から

②「設定」を開く

③「アカウント」をタップ

④「リンク済みのアカウント」をタップ

⑤連携したいSNS名をタップ

⑥ログインIDとパスワードを入力

⑦連携アプリを認証をタップ

⑧(色がついたら)連携完了!

(補足)その他のSNSも同様の手順で連携

※①~⑤までの手順はTwitterの連携手順と同様

連携後の投稿

①連携済みのSNSで投稿したいアカウントをオンにする

※連携してあるアカウントはボタンの横にアカウント名が記載されます。

Instagramの投稿画面
Twitterの投稿画面

Instagramに投稿しただけで、Twitterにも投稿がされました!

まとめ

以上がInstagram投稿の連携手順となります。

これで、Instagramに投稿をしたら他のSNSとも連動して投稿できるようになります!

この機能を活かして、たくさんのターゲットに投稿を見てもらえるようにしましょう!