たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

【動画制作はこう考えろ!】動画を作る際の戦略の立て方・考え方

こんにちは!Every Fineです。

本日は

【動画制作はこう考えろ!】動画を作る際の戦略の立て方・考え方」を

投稿させていただきます。

動画を作りたい!しかし、どういった内容にしていけばいいかわからない!

そういった方向けに動画制作の考え方をお伝えします!

ぜひ、ご参考ください!


なぜ動画制作をしようと思ったのか?

まずは、動画を作成することで伝えたい内容を考えていきましょう。

このゴールがきちんと決まらなければ、内容を決めることができません。

1.ニーズに対して解決策を提唱する

ターゲットとしている層がどういったことに困っていて、

その困りごとに対して、自社商品やサービスを使うことでどう解決できるのかを

分かりやすく動画で紹介するという内容です。

具体的には、ハウツー動画やQ&A動画などが挙げられます。

2.新商品など商品やサービスを紹介したい

商品やサービスの良さを紹介するという内容です。

ただ、新商品の場合、それがレギュラー化される可能性があるのかが重要となってきます。

「新商品」として動画制作をしてしまうと、新商品ではない時期になってしまった際に

その動画を使用することができなくなってしまい、使用できる期間が限られてしまうので

注意が必要です。

3.ブランディング

ブランディングをメインとした、企業紹介動画の場合は、

移転や人事異動等がなければ、作成した動画を長期間利用することが可能です。

また、ホームページだけでなく求人サイトなどにも掲載ができるため

結果的に費用対効果が良くなる場合があります。


Googleが提唱する動画活用の方法

上記でご紹介させていただいたゴールに合った動画を

Googleではこのように分類しています。


HHH戦略

Help

Hub

Hero

上記のような分類を「HHH戦略」と言います。

それに合わせて動画企画のポイントをご紹介します!

1.ニーズに対して解決策を提唱する
Helpコンテンツ

①よく検索されている特定のキーワードに対して、明確な解決策を示す。

※特定のキーワードはGoogleトレンドやキーワードプランナーなどを使用すると良い。


②この動画を通して、ターゲットの課題に応えられるブランドであるという印象付けをする。

※ブランドメッセージや宣伝要素などを構成に含めても良いが、

あくまで視聴者に役立つ情報をメインとする。


③ターゲットには「お役立ち動画を定期的に配信!」などのうたい文句で

定期的に視聴してもらえるようにする。

2.新商品など商品やサービスを紹介したい
Hubコンテンツ

①ターゲットの世代や業種など世界観を意識する。

②シリーズ動画にする場合は、世界観やビジュアルに統一感を持たせる。すべての動画に共通して登場する、主人公となる人を起用するのも有効。

③動画の説明文やエンディングで次の動画の配信タイミングを告知する。

※できれば毎週、毎月などの定期的な配信スケジュールがおすすめ。

④ホームページにただ掲載するだけではなく、SNSで宣伝するなど

多方面から移調いただけるような戦略を立てる。

3.ブランディング
Heroコンテンツ

①「感動」「面白い」「かわいい」など、人間の感情を動かす動画内容にすることによって

人々の興味を引くと同時に、シェアされやすくなる。

②ホームページに掲載して終わりにならないよう、オフライン広告やSNSへの投稿など、

見ていただける場所をできるだけ増やすことが重要。


まとめ

動画制作の考え方について投稿させていただきました。

少しでも参考になれば幸いです。

動画制作にご興味のある方は、弊社にて動画制作を承ることも可能ですので、

下記事例ご参考いただければと思います。

動画制作担当:03-5459-4073

2017年10月に動画制作・配信を始め、その後2018年12月に追加で動画制作・配信を発注頂いた
㈱ヤスオン 代表取締役歌手 安田様にお話をお伺いしました。

動画での紹介・動画のターゲットを配信を2016年2月より開始し、サービス開始後にお問い合わせや入塾が順調という
アンビシャス城東スクール・斉藤代表にお話をお伺いしました。


記事やファインズについてのお問い合わせはこちら

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email(セミナー動画送信先)*
ホームページURL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH動画)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連記事

【動画マーケティングの最先端】
動画をタッチして
コンバージョンを得る!
インタラクティブ動画とは?

提供企業

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

こんにちは!Every Fineです。

本日は

【動画制作はこう考えろ!】動画を作る際の戦略の立て方・考え方」を

投稿させていただきます。

動画を作りたい!しかし、どういった内容にしていけばいいかわからない!

そういった方向けに動画制作の考え方をお伝えします!

ぜひ、ご参考ください!

なぜ動画制作をしようと思ったのか?

まずは、動画を作成することで伝えたい内容を考えていきましょう。

このゴールがきちんと決まらなければ、内容を決めることができません。

1.ニーズに対して解決策を提唱する

ターゲットとしている層がどういったことに困っていて、

その困りごとに対して、自社商品やサービスを使うことでどう解決できるのかを

分かりやすく動画で紹介するという内容です。

具体的には、ハウツー動画やQ&A動画などが挙げられます。

2.新商品など商品やサービスを紹介したい

商品やサービスの良さを紹介するという内容です。

ただ、新商品の場合、それがレギュラー化される可能性があるのかが重要となってきます。

「新商品」として動画制作をしてしまうと、新商品ではない時期になってしまった際に

その動画を使用することができなくなってしまい、使用できる期間が限られてしまうので

注意が必要です。

3.ブランディング

ブランディングをメインとした、企業紹介動画の場合は、

移転や人事異動等がなければ、作成した動画を長期間利用することが可能です。

また、ホームページだけでなく求人サイトなどにも掲載ができるため

結果的に費用対効果が良くなる場合があります。

Googleが提唱する動画活用の方法

上記でご紹介させていただいたゴールに合った動画を

Googleではこのように分類しています。

Help

HHH戦略

Hub

Hero

上記のような分類を「HHH戦略」と言います。

それに合わせて動画企画のポイントをご紹介します!

1.ニーズに対して解決策を提唱する

Helpコンテンツ

①よく検索されている特定のキーワードに対して、明確な解決策を示す。

※特定のキーワードはGoogleトレンドやキーワードプランナーなどを使用すると良い。

②この動画を通して、ターゲットの課題に応えられるブランドであるという印象付けをする。

※ブランドメッセージや宣伝要素などを構成に含めても良いが、

あくまで視聴者に役立つ情報をメインとする。

③ターゲットには「お役立ち動画を定期的に配信!」などのうたい文句で

定期的に視聴してもらえるようにする。

2.新商品など商品やサービスを紹介したい

Hubコンテンツ

①ターゲットの世代や業種など世界観を意識する。

②シリーズ動画にする場合は、世界観やビジュアルに統一感を持たせる。すべての動画に共通して登場する、主人公となる人を起用するのも有効。

③動画の説明文やエンディングで次の動画の配信タイミングを告知する。

※できれば毎週、毎月などの定期的な配信スケジュールがおすすめ。

④ホームページにただ掲載するだけではなく、SNSで宣伝するなど

多方面から移調いただけるような戦略を立てる。

3.ブランディング

Heroコンテンツ

①「感動」「面白い」「かわいい」など、人間の感情を動かす動画内容にすることによって

人々の興味を引くと同時に、シェアされやすくなる。

②ホームページに掲載して終わりにならないよう、オフライン広告やSNSへの投稿など、

見ていただける場所をできるだけ増やすことが重要。

まとめ

動画制作の考え方について投稿させていただきました。

少しでも参考になれば幸いです。

動画制作にご興味のある方は、弊社にて動画制作を承ることも可能ですので、

下記事例ご参考いただければと思います。

動画制作担当:03-5459-4073

お客様の声(動画①)

お客様の声(動画②)

お問い合わせはこちら