たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

【ホームページのここが足りないを見つける!】3C分析をホームページ制作に活かすには?

こんにちは!Every Fineです。

本日は

【ホームページのここが足りない!?】3C分析をホームページ制作に活かすには?​」を

投稿させていただきます。

ホームページに訪問はしてもらえるけど、問い合わせや購入が増えない原因を

突き止めるきっかけになるかも!?ご参考いただけましたら幸いです。


なぜ3C分析が必要なの???

ここでの3C分析の目的は「明確化させる」ということです。

特にホームページ制作においては、見せたいものや掲載したいことがたくさんあり、

何を伝えたいのかがあやふやになりがちです。

そうならないために、ホームページ制作時においてはキーワード調査やデザインの前に、

まずこの3C分析によりお客様のニーズに関する情報を整理していきます。

例えば、「商談のお問合せを獲得する」というホームページにしたい場合、

「誰」に対し「何」を伝え「どう選ばれたいか」を、表現することが大切であり、

その核となる要素がそのまま3C分析に当てはまるからです。

ですので、まず3C分析で現状を把握することにより、

方向性を整理することが重要となってきます。


3C分析とは?

ホームページのあり方を考える前に、その考え方の根本となる

「3C分析」のお話をさせていただきます。

「3C分析」は

Competitor(競合)Customer(市場・顧客)Company(自社)

3つの要素で構成されています。

1.Competitor(競合)

競合の企業が市場と顧客にどう対応するか、それを知るのが目的となります。

2.Customer(市場・顧客)

ニーズの変化や動向の把握が大切です。

3.Company(自社)

1.2のCを踏まえた上で、成功のきっかけを見つけるというものです

上記のように「3C分析」とは、3つの柱をそれぞれ分析することで

次の1手を検討したり決定する手法を指します。

現在の状況を客観的かつ効率的に把握するのに役立ちます。

3つの視点で市場を分析できますので、状況を把握する視点が固定されにくく、

違った見方をできるようになるのがメリットです。


3C分析をホームページ制作に活かす

「3C分析」についての概要はご理解いただけましたでしょうか。

では、この「3C分析」をホームページ制作に活かすとしたら、どうしたら良いのでしょうか。

1つひとつ見ていきましょう。

1.Competitor「競合」

3C分析をホームページ制作に活用するのであれば、

Competitor(競合)の分析が大切になってきます。

Competitor(競合)の分析では、業界を全体的に把握したり、

具体的なライバルを調べることが重要になります。

ライバルの中でシェアを大きく持っているのはどこか、

競合が持つ特徴や今後の想定される展開など、段階的に詳しく分析していきます。

分析方法としては、

A.キーワードを使った検索

B.競合リストアップに、より強力と思われる競合相手の設定が挙げられます。

A.キーワード

自社と関連する単語を用いて、
検索エンジンで調べるのが良いでしょう。

B.リストアップ

ライバルの基本的な情報や強みをまとめ、 リストに加えましょう。
強力な競合は数社を絞り込み、 特に注視する相手として設定します。

ホームページ制作で使うには

ホームページ制作でこれらのデータをうまく活用するには下記を意識すると良いです。

商品やサービスの売り方が同じ方向性のカテゴリか

ホームページの活用がうまい企業か

企業規模が同じくらいなのか

直接的なライバル関係ではなくても、間接的に競合してくる場合もあるので、

そういった競合も要チェックとなります。

2.Customer(市場・顧客)

Customer(市場・顧客)では、下記が重要となります。

A.キーワード調査

B.グルーピング

C.ペルソナの設定

A.キーワード調査

自社の商品やサービスが市場においてどのような検索が 行われているか確かめるものです。
無料で使える調査ツールを 活用するのが得策です。

B.グルーピング

アンケートやヒアリングを使い、顧客のニーズをまとめて整理します。
先の調査で得られた結果を篩いに掛けるようなイメージで、より詳しくニーズを抽出していきます。

C.ペルソナの設定

行動パターンを分析したり、ユーザーが何を欲しがるかを 知るのに役立ちます。

ホームページ制作で使うには

商品作りと同じくマーケティングが重要なので、

3C分析を活かして市場や顧客の把握を図りたいところです。

競合と市場に顧客の動向が分かることで、初めて自社の武器を分析したり、

次の手を検討することができます。

3.Company(自社)

Company(自社)が顧客に何をできるのか、それを分析していくことになります。

競合分析で作り上げたリストに自社を加え、比較検討しながら強みや弱みを見極めます。

比較には競合と同じく、基本情報や強みといったものを加えていく必要があります。

また、競合と比べて何処が勝っているか、あるいは弱いかを見ることも重要です。

弱み

弱点も把握してこそ次の手が決められますから、 包み隠したり小さく見せるのではなく、 ありのままを客観的に把握して比較しましょう。

強み

得意な部分は単純に武器になりますし、 弱みも上手く克服できれば、 競合に対しての弱点にせずに済みます。

ホームページ制作で使うには

例えば、ゴージャスなホームページを制作するライバルに対して、

同様のホームページを作る技術や知識がなければ、あえて他の路線で制作を行う選択肢が選べます。

直接的な勝負を避けることで自社に有利な状況を作り、

競合による不利を回避できるようになります。


まとめ

ホームページ制作は手探りになることが多く、

行き当たりばったりだと手詰まりになるケースもあります。

しかし、マーケティング調査を行えば方向性が見えてきますし、

「3C分析」であれば競合も市場も客観的に把握できます。

何を分析するか、分析結果をどう活かすかは十人十色ですが、

使い方によってコンテンツの内容を決めたり、デザインを決定するヒントが得られます。

分析には地道なデータ集めが必要ですが、最初に時間を掛けて「3C分析」を行うことで、

結果的にホームページ制作の時間的なコストや手間を省くことが可能です。

少しでもホームページ制作の参考になりましたら幸いです。


記事やファインズについてのお問い合わせはこちら

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email(セミナー動画送信先)*
ホームページURL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH動画)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連記事

【初級者向け】
ホームページから集客を
伸ばしていくには?

【初心者向け!】
ホームページの更新の仕方を
ご紹介!

提供企業

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

こんにちは!Every Fineです。

本日は

【ホームページのここが足りない!?】3C分析をホームページ制作に活かすには?​」を

投稿させていただきます。

ホームページに訪問はしてもらえるけど、問い合わせや購入が増えない原因を

突き止めるきっかけになるかも!?ご参考いただけましたら幸いです。

なぜ3C分析が必要なの???

ここでの3C分析の目的は「明確化させる」ということです。

特にホームページ制作においては、見せたいものや掲載したいことがたくさんあり、

何を伝えたいのかがあやふやになりがちです。

そうならないために、ホームページ制作時においてはキーワード調査やデザインの前に、

まずこの3C分析によりお客様のニーズに関する情報を整理していきます。

例えば、「商談のお問合せを獲得する」というホームページにしたい場合、

「誰」に対し「何」を伝え「どう選ばれたいか」を、表現することが大切であり、

その核となる要素がそのまま3C分析に当てはまるからです。

ですので、まず3C分析で現状を把握することにより、

方向性を整理することが重要となってきます。

3C分析とは?

ホームページのあり方を考える前に、その考え方の根本となる

「3C分析」のお話をさせていただきます。

「3C分析」はCompetitor(競合)Customer(市場・顧客)Company(自社)

3つの要素で構成されています。

1.Competitor
(競合)

競合の企業が市場と顧客にどう対応するか、それを知るのが目的となります。

2.Customer
(市場・顧客)

ニーズの変化や動向の把握が大切です。

3.Company
(自社)

1.2のCを踏まえた上で、成功のきっかけを見つけるというものです。

上記のように「3C分析」とは、3つの柱をそれぞれ分析することで

次の1手を検討したり決定する手法を指します。

現在の状況を客観的かつ効率的に把握するのに役立ちます。

3つの視点で市場を分析できますので、状況を把握する視点が固定されにくく、

違った見方をできるようになるのがメリットです。

3C分析をホームページ制作に活かす

「3C分析」についての概要はご理解いただけましたでしょうか。

では、この「3C分析」をホームページ制作に活かすとしたら、どうしたら良いのでしょうか。

1つひとつ見ていきましょう。

1.Competitor「競合」

publicdomainq-0000950adzkji

3C分析をホームページ制作に活用するのであれば、

Competitor(競合)の分析が大切になってきます。

Competitor(競合)の分析では、業界を全体的に把握したり、

具体的なライバルを調べることが重要になります。

ライバルの中でシェアを大きく持っているのはどこか、

競合が持つ特徴や今後の想定される展開など、段階的に詳しく分析していきます。

分析方法としては、

A.キーワードを使った検索

B.競合リストアップに、より強力と思われる競合相手の設定が挙げられます。

A.キーワード

自社と関連する単語を用いて、

検索エンジンで調べるのが良いでしょう。

☝おすすめ競合分析ツールの記事はコチラ☝

B.リストアップ

ライバルの基本的な情報や強みをまとめ、

リストに加えましょう。

強力な競合は数社を絞り込み、

特に注視する相手として設定します。

ホームページ制作で使うには

ホームページ制作でこれらのデータをうまく活用するには下記を意識すると良いです。

商品やサービスの売り方が同じ方向性のカテゴリか

ホームページの活用がうまい企業か

企業規模が同じくらいのか

直接的なライバル関係ではなくても、間接的に競合してくる場合もあるので、

そういう競合も要チェックとなります。

2.Customer(市場・顧客)

Customer(市場・顧客)では、下記が重要となります。

A.キーワード調査

B.グルーピング

C.ペルソナの設定

A.キーワード調査

自社の商品やサービスが

市場においてどのような検索が

行われているか確かめるものです。

無料で使える調査ツールを

活用するのが得策です。

☝おすすめの無料キーワード調査ツールはこちら☝

B.グルーピング

アンケートやヒアリングを使い、

顧客のニーズをまとめて整理します。

先の調査で得られた結果を篩いに掛けるようなイメージで、

より詳しくニーズを抽出していきます。

C.ペルソナの設定

行動パターンを分析したり、

ユーザーが何を欲しがるかを

知るのに役立ちます。

ホームページ制作で使うには

商品作りと同じくマーケティングが重要なので、

3C分析を活かして市場や顧客の把握を図りたいところです。

競合と市場に顧客の動向が分かることで、初めて自社の武器を分析したり、

次の手を検討することができます。

3.Company(自社)

5656567275_M

Company(自社)が顧客に何をできるのか、それを分析していくことになります。

競合分析で作り上げたリストに自社を加え、比較検討しながら強みや弱みを見極めます。

比較には競合と同じく、基本情報や強みといったものを加えていく必要があります。

また、競合と比べて何処が勝っているか、あるいは弱いかを見ることも重要です。

弱み

弱点も把握してこそ

次の手が決められますから、

包み隠したり小さく見せるのではなく、

ありのままを客観的に把握して比較しましょう。

強み

得意な部分は単純に武器になりますし、

弱みも上手く克服できれば、

競合に対しての弱点にせずに済みます。

ホームページ制作で使うには

例えば、ゴージャスなホームページを制作するライバルに対して、

同様のホームページを作る技術や知識がなければ、あえて他の路線で制作を行う選択肢が選べます。

直接的な勝負を避けることで自社に有利な状況を作り、

競合による不利を回避できるようになります。

まとめ

ホームページ制作は手探りになることが多く、

行き当たりばったりだと手詰まりになるケースもあります。

しかし、マーケティング調査を行えば方向性が見えてきますし、

「3C分析」であれば競合も市場も客観的に把握できます。

何を分析するか、分析結果をどう活かすかは十人十色ですが、

使い方によってコンテンツの内容を決めたり、デザインを決定するヒントが得られます。

分析には地道なデータ集めが必要ですが、最初に時間を掛けて「3C分析」を行うことで、

結果的にホームページ制作の時間的なコストや手間を省くことが可能です。

少しでもホームページ制作の参考になりましたら幸いです。