Googleが進めるWebサイトのSSL推奨について

はじめに

こんにちは!今回のブログでは、みなさまのWebサイト運営において大切になると思われるGoogleが進めている「SSL推奨」について取り上げます。

***
Googleが2018年7月にリリースするChrome 68から
SSL化していない全てのWebサイトで警告が表示されるようになります。

***

今回、Googleはこのような公式アナウンスをしました。これに伴い、弊社を含めてホームページサービスを取り扱っている各社が
対応に追われているかと思います。
この「SSL化」について簡単にご説明いたします。

SSL化とは

SSL(Secure Sockets Layer)化とは、パソコンとサーバ間での通信データを
暗号化してやりとりする仕組みです。
インターネット上では、日々、個人情報・重要情報が送受信されており、
暗号化しないままだと悪用されてしまったり、ページを改ざんされてしまう恐れがあります。

WebサイトをSSL化することで、ユーザーは安心して
フォームに個人情報などを入力・送信することができるのです。

判断方法

URLが「https://」から始まるページはSSL化されており、
「http://」から始まるページはSSL化されていません。

表示のされ方

SSL化されているとURLの前に「保護された通信」と表示されます。

SSLの設定方法

SSLに設定するにはこのような方法がございます。
・Webサーバーを管理しているホスティング業社に連絡
・無料サービスを使う
・有料サービスを使う
・SSL対応が含まれたCMSサービスを使う

さいごに

SSL化していないフォームで、離脱者が出てしまうのはもったいないので、
一度サイトをご確認いただくことをおすすめします。
SSL化対応については、弊社でもご相談を承っております。
お気軽にご相談くださいませ。

以上、お読みいただきありがとうございました^^