Google Partners「Game On」とは?


はじめに

ファインズは「Game On 2018年1月~3月期」というコンテストでトロフィーを受賞しました。
そこで今回は、まだ参加してないけどやってみたい!という方向けに「Game On」の概要を解説します。


Game Onとは

Game Onとは、Googleが主催している新規顧客獲得のキャンペーンです。
公式サイトでは次のように説明されています。

ビジネスの成長に役立つ Game On にぜひご参加ください。四半期ごとの課題に参加しながら、Google Partners プログラムからのサポートを受けることができます。

季節ごとの業界分析やプロダクト最適化のご案内、提案用資料などを活用して、チームで行う提案内容を強化しましょう。目標を達成すれば、Google Partners の賞品を獲得できます。

出典:https://partnersGameOn.withgoogle.com/

上記の「四半期ごとの課題」は、実は様々あるのですが、
最も重要なのは段階的に設定された広告予算の目標達成です。

その金額を達成するとポイントが加算されて
それが一定数を上回ると下の写真のようなトロフィーが授与されます。

出典:http://www.e-tenki.co.jp/news/20180611.html

このトロフィーのランクは1~3まであり
目標の達成状況により三段階で評価される仕組みになっています。


Game Onの参加方法

必須条件として、Google Partnersに認定されなければいけません。
それが完了すれば、あとは公式サイトの「キャンペーンに参加する」から申し込むするだけで参加できます。


Game On トロフィー受賞のポイント

先ほど触れたように、トロフィー受賞のためにはポイントを積み上げないといけません。

このポイントは主に広告予算の目標達成によって加算されます。
例えば「\5,357,100で1000ポイントを獲得」のような形でポイントが付与される仕組みです。

なお、この目標金額は

「新規顧客の広告費用の目的値は、過去の業績に合わせてカスタマイズされています」
(ログインページより引用)

とあるように、各企業に合わせて設定されるようです。

急に広告予算アップは見込めない!という方もいるかもしれませんが、ご安心ください。
Game Onでは「サービス導入のチャレンジ」をクリアすることでもポイント加算が可能です。

Google のオーディエンス ソリューションを利用すると、関連性の高いユーザー層に絞ったターゲット設定が可能なため、キャンペーンのパフォーマンスが向上します。 貴社のオーディエンス関連スキルを更に伸ばし、オーディエンス ソリューションを利用して適切な顧客に導くサポートをしましょう。

オーディエンス関連プロダクトとは、検索広告、ディスプレイ広告、動画広告における AdWords の掲載結果に関するオーディエンス関連プロダクト(スマート ディスプレイ キャンペーン、リマーケティング、カスタマー マッチ、類似ユーザー機能、購買意向の強いオーディエンス、カスタム インテント オーディエンス)をいいます。

対象アカウントでオーディエンス関連プロダクトを使用して広告を出稿し、チャレンジ期間中にが目標値と同等もしくは上回った場合に、ポイントが獲得できます。

この「サービス導入のチャレンジ」は、顧客アカウントの品質改善を目指してデザインされているため取り組んでいくうちに自然とビジネスが成長していきます。

また、この目標値も過去の業績に合わせてカスタマイズされているので
簡単すぎてつまらない!難しすぎてやる気がでない!といった心配はなさそうです。


Google Partnersの商品を獲得

貯めたポイントは、Googleの限定商品アイテムと交換することができます。

最も低いものは「Google Partners バッジステッカー」
最も高いものは「Google Partners Skullcandyヘッドフォン」です。

このように、ちょっとしたグッズから実用的なアイテムまで幅広い商品があります。
この辺にもGoogleならではの遊びゴコロが垣間見えますね。


さいごに

Game Onは、Googleが主催している新規顧客獲得のキャンペーンです。
まさにGame感覚で、広告予算アップと顧客アカウントの品質改善を目指すことができます。

参加は完全無料で、ビジネスを成長させるための様々なサポートもあるので
まだGame Onに参加していない方は、ぜひチャンジしてみてはいかがでしょうか?

-------------------------------------------
▼SNS広告に関する資料については下記よりダウンロードが可能です▼
SNS広告関連資料ダウンロード
-------------------------------------------

以上、お読みいただきありがとうございました^^