たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

【2020年新たに動画を作るならどっち?】縦型動画vs横型動画

こんにちは!Every Fineです。


今回は「【2020年新たに動画を作るならどっち?】縦型動画vs横型動画」


を投稿させていただきます。


スマートフォンの普及により、手軽に動画を見ることができるようになりましたが、

スマートフォンの向きを意識したことはありますか?縦型と横型どちらが人気なのかをご紹介させていただきます。

スマホで動画を見る人が増えてきている?


2015年からの4年でスマホの
動画視聴時間は約3.5倍に!

テレビ画面でも

スマートフォンの画質が向上して、画面が大きくなったことにより、スマートフォンで映像を見る人数が多くなっています。

映画やドラマ、スポーツはもちろん、Youtubeなどの動画投稿サイトを見る人も増えているのが最近の流れです。

スマートフォンは操作が簡単で、テレビ番組のように放送される時間が決まっていないので、

いつでもどこでも自由に視聴する作品を選んで視聴することが出来ます。

動画を見る人は縦型と横型どちらが多い?

縦型動画のメリット

以前は横型で見る動画コンテンツがメインでしたが、

SNSの普及やモバイルファーストの考え方により、縦型で見る動画コンテンツは近年になって増え始めています。

SNSで広告を出したい場合には、縦型動画は向いていると言えます。

縦型動画の代表的なものを3つ挙げさせていただきます。

縦型動画の代表例

2.ストーリーズ
(Instagram)

写真や動画が主体になるSNSでは、スマートフォンを縦にして使うことが多く、

わざわざ横に持ちかえるのは面倒だと思うユーザーも多い傾向にあります。


狭いところや混雑しているところでは横に持つのが迷惑になることもあり、

縦スクロールを採用しているインスタグラムでは、

ストーリーも縦型にすることで人気を獲得しました。


動画アプリのTikTok(ティックトック)は、スマートフォンを中心に考えられたアプリのため、縦型動画を採用しています。

女子に人気のC CHANNELはファッションとコスメに特化していて、

片手で見ながらメイクやコーディネイトが出来るように縦型動画を採用するなどの工夫がされています。


こういった縦型動画オンリーのアプリの普及により、

SNSではTwitterやLINE等でも縦型のままで動画を視聴するという方も増えてきているそうです。

横型動画のメリット

横型で見る動画コンテンツは非常にたくさんあります。

これは映像が元々、テレビやパソコンのようにやや横長のディスプレイを想定して映像を撮影しているというのが主な理由です。


映画やドラマ、スポーツなどのコンテンツは横にしてみるのが定番になっています。
具体的にどのようなサービスがあるのかというと、アマゾンプライム、hulu、DAZNなどが有名です。

オリジナルの作品が多いことで知られるアマゾンプライムは、視聴できる作品のほぼ全てが横型で観る仕様になっています。

映画やドラマなどの作品が充実しているhuluも横で見る作品が圧倒的に多いです。

DAZNはスポーツ中継がメインなので、もちろんテレビと同じように横で見るような作りになっています。

このように、横型で見る動画コンテンツのほとんどは以前はテレビで視聴されていたもので、

原型はテレビにあると考えれば分かりやすいかと思います。


ゲームなどもスマートフォンを横にして行うものが多いのは、この要素が関係しています。


以上の理由から、動画の用途やターゲットによって動画の向きは変更されると良いと思います。

どっちが合ってるか判断する方法はある?

広告出稿や掲載しようとしているSNS等のプラットフォームが

縦型が多いのか、横型が多いのかが一つの判断基準になります。


動画を作るだけではなく広告出稿のご相談にもご対応出来ますので、

ぜひファインズへご相談ください!

ファインズでは、最初のお打ち合わせの段階から、

どういったことを表現したいかによって

4,000本以上の動画制作の実績を活かして、動画の内容をご提案させていただきます。

また、動画の種類も通常の実写動画だけでなく、

コミック動画や最新の「触れる」動画(BRANCH)も含めてご提案させていただくことが可能です。

上記URLに掲載している以外の事例も見たい、

直接提案をして欲しいといった方は下記よりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちら

03-5459-4073

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


参考資料

【採用画面で差をつけろ!】「見る」だけじゃない!「触れる」動画
【インタラクティブ動画】をご紹介!

Web対策はホームページではなくSNSで!
業種別!おすすめのSNSはこれだ!

投稿企業

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/

  • 2020年最新版!動画市場の資料を無料ダウンロード!
  • 法人名* 
  • 氏名* 
  • 電話番号* 
  • 送り先* 
  • 利用規約に同意して