たくさんの"ファイン"を、ここから発信。

2020年最新版【日本国内地方別】インターネット広告の実施状況

最終更新日:2020年2月7日

こんにちは!Every Fineです!

今回は日本国内地方別のインターネット広告の実施状況について取り上げます!

対象地方、項目については以下の通りです。


<対象地方>
・北海道 ・東北 ・北関東 ・南関東 ・北陸 ・甲信越
・東海  ・近畿 ・中国  ・九州、沖縄

<項目>

・調査①:インターネット広告実施状況

・調査②:インターネット広告の媒体


調査

調査①:インターネット広告実施状況

平成29年

平成29年は、全ての地方で半数以上が「インターネット広告は実施していない」という結果になっています。

平成30年

平成30年は東北、四国、九州・四国でのインターネット広告の実施が、
実施していないを上回りました。


調査②:インターネット広告の表示媒体

平成30年

インターネット広告の媒体について整理するとこのような結果となりました。

どの地方も1位が自社ホームページであることは共通しています。

参考:平成29年通信利用動向調査 企業編
   平成30年通信利用動向調査 企業編


結果

結果①:インターネット広告実施状況

東北、四国、九州・沖縄地方でのインターネット広告実施をしている割合が
実施していない割合を上回ったことがわかりました。

東北では、1年間で20.6%、実施している割合が増加しました。

この結果から、首都圏から離れた地方でインターネット広告が実施されている割合が高いという結果になりました。

結果②:インターネット広告の表示媒体

1位の自社ホームページ等は全国で共通していますが、

2位以降は地域による違いがあります。

平成29年と平成30年を比較するとその内容に変化がみられました。

平成29年

平成30年

結果①でインターネット広告の実施の割合が増加していた地域では、

広告媒体としてのSNSの活用が、2位または3位と

高い順位であることがわかりました。


考察

以上の結果から、以下の要因が考えられます。

スマートフォン利用率の高さ

2019年の時点でスマートフォンの普及率は全体で85.1%となっており、

ほとんどの人が気軽にインターネットを利用することができる環境にあります。

それに伴い、多くの人の目に触れることができる

インターネット広告も増加したものと思われます。

SNSの流行

SNSの利用者数は年々増加しています。

また、 1日あたりのSNS平均利用時間は88分で、

スマートフォンの利用時間は1日あたり約2時間と言われているため、

スマートフォン利用の大部分がSNSの利用であることがわかります。

※SNS利用率はネット利用人口に対するSNS利用者の割合です。

昨今SNSが普及している中で、企業も自社ホームページだけではなく、

SNSを活用して集客に力を入れている企業が多くなっています。

SNSの活用方法について詳しく知りたい方は以下をご参照ください。

【参考資料】Web対策はホームページではなくSNSで!
業種別!おすすめのSNSはこれだ!


インターネット広告におすすめのツール

以下で紹介する2ツールはWebサイトでお問い合わせや資料ダウンロードなど、

ただ、見てもらうだけではなく、リードの獲得を意識した使用方法が多いものです。

また、BRANCH動画では、動画から直接、商品購入ページや資料ダウンロードページへ誘導でき、

そこからのリード獲得も見込めますので、おすすめです。


下記にてそれぞれのツールの詳細をご紹介させていただきます!

BRANCH動画

BRANCHとは、従来の「見て終わり」の動画に対して、動画の途中にタッチポイントが追加され、

そのタッチポイントに触れることによって動画を視聴中により詳細なページに遷移させることができます。


タッチポイントに触ることによって、「動画の続きが気になる」といったザイガニック効果が働くため、

詳細な情報を知ってもらいながら、動画の続きを見てもらうこともできるため、印象に残りやすくなります。


下記リンクにてBRANCHの事例を掲載させていただいておりますので、ぜひご覧いただければと思います。

コミック動画

コミック動画とは企業の商品やサービスをオリジナルのマンガにし、さらに動画にすることで、

実写版動画では伝えにくい貴社の魅力、サービスの魅力、商品の魅力をダイレクトに伝えることができる動画のことです。


コミック動画は「LPや動画などすでに色々制作したけど効果がイマイチ」とお悩みの方の「次の一手」に選ばれています。


エンターテイメント性があるため、実写の動画とは全く違ったインパクトや驚きを残すことができ、

無関心だったユーザーの関心を引くことができます。

コミック動画は、マンガのコマにモーション演出を加えた「アニメ風」の動画です。

実際にキャラクターを動かすアニメに比べると、低コストで高品質な動画を制作することができます。


もちろん、撮影ロケやモデルのキャスティング、機材費といった実写動画に必要なコストはかかりません。

下記リンクにてコミック動画の詳しい情報を掲載させていただいておりますので、ぜひご覧いただければと思います。


まとめ

今回取り上げたように地方によってインターネット広告の実施状況は異なります。

まだインターネット広告を実施していない企業がこれだけあるのは意外な結果でした。

日本でも2020年の春に5Gの導入が決定しています。

5Gの登場でインターネット広告を実施する企業が今後より増えていくと思われますので

今から対策していきましょう!

5Gについて詳しく知りたい方は以下をご参照ください。

【5Gとは?】初歩から知ろう!
4Gとの違いと5Gでできるようになること!

ツールを使った事例等をもっと見てみたいという方は
下記よりお気軽にお問い合わせください。


記事やファインズについてのお問い合わせはこちら

*は必須項目となります。

貴社名・貴店名*
*
*
電話番号*
Email*
企業URL*
お問い合わせ内容* 資料請求(マンガ)資料請求(予約システム)資料請求(リスティング広告)資料請求(動画)資料請求(コミック動画)資料請求(BRANCH)その他お問い合わせ

 プライバシーポリシーに同意する
 プライバシーポリシーはこちらからご覧ください。


関連資料

Web対策でよく聞く
「SEO対策」の用語や意味から
詳しくご紹介!

Web対策でよく聞く
「リスティング広告」の用語や
意味から詳しくご紹介!

提供企業

株式会社ファインズ
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷2-12-15
日本薬学会長井記念館ビル6F
Mail:client-support@e-tenki.co.jp
ホームページ:https://e-tenki.co.jp/
情報発信サイト「Every Fine」:
https://everyfine.e-tenki.co.jp/